2010年08月22日
やはりナガメの卵だった

ここで書いたカメムシらしき卵ですが、同じ葉大根にナガメの成虫を発見。
たぶんあの卵から生まれた個体だと思います。よく探したら全部で3匹いました。
まさかまたここに産卵するんじゃないでしょうなぁ。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | サラダ菜・葉大根〜2011年以前 | 更新情報をチェックする
2010年08月22日
働きアリが育児をする時の栄養供給元

女王アリが何か肉質のものを口にくわえ、働きアリがそれに口をつけています。


働きアリが育児をする時の栄養供給元

白っぽいものです。


働きアリが育児をする時の栄養供給元

明らかに白いものです。


働きアリが育児をする時の栄養供給元

飼育ケース内にある動物性のエサは手つかずですし、ハチミツ水を染み込ませている脱脂綿も無傷でそのままです。
つまり、これは幼虫かサナギだということになります。

極めて異常な共食い行為と思うかもしれませんが、この時期のこのタイミングで行われたことですので、むしろ正常な栄養移行がされていると考えたほうがいいでしょう。
生まれたばかりの育児初心者である働きアリは、すでに幼虫の育児に入っています。幼虫に与える食べ物は動物性の液体であり、女王アリも自分の筋肉を溶かして与えます。
しかし、働きアリは羽根を動かすような大量の筋肉を持っていませんので、外部からの供給が必要になります。
通常の巣の働きアリは巣の外に出て狩りをし、そこから動物性の栄養を得ますが、巣の外に出ていくような働きアリはベテランの働きアリの役割であり、若い働きアリは巣の中で育児をしたり女王アリの世話をします。
今回の飼育ケースの中の働きアリはまだ生まれたばかりでもあり、もっぱら育児教育の状態です。
そこで、動物性の栄養を女王アリが供給したということになります。

女王アリは自分の筋肉の栄養まで足りなくなったときは、産んだ卵を食べることはよく知られています。ということは、非常食も計算に入れた産卵数で産んでいるとすれば、初期の働きアリのための栄養供給も計算に入れているということになります。
これは、食べられる数が多いほど産卵数が多くなる例と同じであり、その代表的な例が魚類です。
最後に確実に生き残る数を確保するための産卵調整のようなものなのであります。



働きアリが育児をする時の栄養供給元

育児教育中の働きアリが、マユを運ぼうとしています。
そばでは、女王アリが見守っています。


働きアリが育児をする時の栄養供給元

無事に運び出しました。着々と育児のほうも上手になってきているようです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | ムネアカオオアリ | 更新情報をチェックする
2010年08月21日
カエルもびっくりの結婚飛行

8月21日土曜日の蒸し暑く風の無い夜、かつてないほどの羽アリが押し寄せています。大規模な結婚飛行が行われたようです。
この小さな面積だけで80匹ほどいます。他も同じ密度でいるので、軽く1000匹は超えています。


カエルもびっくりの結婚飛行

ようやく見つけた新女王アリ候補。おなかが大きいのですぐわかりますが、見つけたのは1匹だけでした。


カエルもびっくりの結婚飛行

あまりの数に撮影も早々に終わりたかったのですが、カエルもびっくりしていたので、ちょっと撮ることにしました。


カエルもびっくりの結婚飛行

『これから羽アリの中に突入するお』


カエルもびっくりの結婚飛行

『背中乗っちゃだめー』


カエルもびっくりの結婚飛行

『くしゃみ出そうだお』

このあとは、あっちでパクパクこっちでパクパク。そこらじゅうのカエルが口をひっきりなしにパクパクしてました。
今夜は完全に食べ放題の夜になりそうです。

撮るのも撮ったし、帰ろうかとしたときに寂しそうな眼差しでこっちを見つめるカエルがいました。


カエルもびっくりの結婚飛行

『ボクまだ撮られてないのー』

そんなわけで、最後に1枚撮ってあげた次第。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | カエル | 更新情報をチェックする
2010年08月21日
萌え幼虫のハグロハバチ

ここから継続して生長中のハグロハバチの幼虫ですが、色がきれいなだけでなく1対の単眼のせいで顔が萌えなわけです。
残り少なくなったギシギシの葉をもくもくと食べています。


萌え幼虫のハグロハバチ

ギシギシも塔立ちしているので、葉の面積が絶対的に少ない状態。
しかし、もうすぐサナギになると思うので、なんとか大丈夫だと思います。


萌え幼虫のハグロハバチ

同じギシギシにこんな幼虫が3匹ほどいました。ベニシジミの幼虫です。
こりゃ、食べ物の奪い合いになりそうですな。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2010年08月21日
ミヤマクワガタのメス登場

でかいメスのクワガタ。ミヤマクワガタのメスでしょう。


ミヤマクワガタのメス登場

『ここにも樹液ねえー…』

なんか空腹そうだったので、このあと昆虫ゼリーをあげました。1時間以上食べていたので、本当に空腹だったようです。


ミヤマクワガタのメス登場

この個体は、左側のあごが動きませんでした。産卵に支障が出そうですが、両あごが汚れていたので産卵は済んでいるかもしれません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2010年08月20日
ムネアカオオアリの次女誕生

マユの中に黒いサナギが見えていましたが、それが羽化して次女の誕生となりました。たぶん下が次女だと思います。
上の長女のすぐ下には黒くなっているサナギが入ったマユも見え、三女の誕生も控えています。
他のサナギに見える小さな黒い点は、サナギの複眼です。

引っ越しはいまだ行われず、チューブの中にも入ろうとしません。
そのうち働きアリが増えるにしたがって冒険する個体も出てくると思うので、それまでは育児教育の時間なわけです。

■動物性えさの食いつき具合メモ
・ヒトスジシマカ→食べない
・ユスリカ→食べない
・ガガンボ→食べない
・ハエ→食べない
・カゲロウ系→食べない
・エゾスズ系→食べない
・アカイエカ→完食

意外と好みが激しいようです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ムネアカオオアリ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る