2010年08月03日
亜終齢になったエンマコオロギ

個体差はありますが、いちばん大きな個体では15mmに達するものが出てきました。


亜終齢になったエンマコオロギ

羽根のもとである翅芽と短い卵管が見えています。ここまでくると、亜終齢のメスであることがわかります。
ジャンプ力も次第に強くなり、飼育ケースの半分ぐらいまでは飛んでくるので、そろそろふたを開けるときに注意しなければなりません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | エンマコオロギ〜2010年 | 更新情報をチェックする
2010年08月03日
ムネアカオオアリのマユ増える

1個だったマユが2個に増えていました。2番目に大きかった幼虫がマユを作ったようです。
前回の写真と今回の写真でわかるように、幼虫は頭部を小さく丸めた姿勢でいることが多いです。茶色い小さな点が口ばし、それに続く丸い部分が頭部、まっすぐになった部分が下半身になります。
その下半身のほぼ中央に色が濃くなった内臓部が透けて見えます。
これを加味して見てみると、幼虫が今どっちを向いてどのような姿勢でいるかがわかります。


ムネアカオオアリのマユ増える

胸部と腹部がわずかに小さくなりました。最近はハチミツ水も飲まなくなっています。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | ムネアカオオアリ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る