2010年08月09日
萌え顔のコフキコガネ

どことなく悲しそうな表情をするコフキコガネ。体長が3cmぐらいの大きなコガネムシです。
全身に短い毛がびっしりと生えていて粉をふいたように見えるので、コフキコガネなのであります。


萌え顔のコフキコガネ

まさに全身毛むくじゃら。表側の毛はごくごく短いですが、カブトムシのメスよりは若干長い毛です。


萌え顔のコフキコガネ

さっきまで飛んでいたので、羽根がまだ見えています。大きな体をしていますが気性はおとなしく、ひたすらマイペースのコガネムシです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2010年08月09日
淡い緑のシロオビアオシャク

蛾の羽根の模様を見るとき、感心することが多いです。
広げた状態で線が1本に重なり、それが4枚の羽根でひとつの模様になっている驚き。どうすればこんなに線をぴたりと合わせることができるのでしょう。
その線はサナギのときにはすでにできているものであり、定規を当てて引いた線ではないわけです。
蛾は様々な種類の模様を持ったものが多いので、けっこうおもしろい世界です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2010年08月09日
♀白♂茶、クワゴマダラヒトリ

なんともかわいらしい蛾、クワゴマダラヒトリです。
白と黒を基調とした色彩にオレンジ色の襟巻きのアクセント。なかなかのおしゃれさんです。


♀白♂茶、クワゴマダラヒトリ

オレンジ色の襟巻きは白い毛の一部でした。想定外のセンスです。
ゴマ模様の一個一個の大きさや形、それらが描く線のライン、まさに言うべきにもあらずなわけです。
この個体はメスなのですが、オスはこげ茶色をしています。


♀白♂茶、クワゴマダラヒトリ

これがオスの個体。渋いおっさんですな。


♀白♂茶、クワゴマダラヒトリ

襟元もシックにキメているようです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る