2010年09月07日
まだ交尾は確認していませんが、そろそろなので産卵床を用意することにしました。
材料は、ピートモス・黒土・川砂が4:2:1ぐらい。ピートモスと黒土の固まりは指で可能な限りつぶし、最終的に全部混ぜたものをふるいにかけます。


エンマコオロギの産卵床を用意

ふるいにかけられた混合材料。さらさらふかふかの状態。


エンマコオロギの産卵床を用意

こっちは、ふるいに残った混合材料。指でつぶしきれなかったものや大きな砂粒が入っています。


エンマコオロギの産卵床を用意

さらさらふかふかなほうの混合材料を深めのタッパーに入れ、霧吹きで水を注入します。
ピートモスの性質上、はじめはなかなか水を吸い込んでくれません。ある程度水を注入したら、ふたをして丸1日ぐらい放置してなじませます。室温で蒸らすようなかんじです。


エンマコオロギの産卵床を用意

底のほうにも色が濃くなっている部分が少しあるので、水は下まで届いています。
1日放置して水の量が足りなければまた足せますが、多い場合は蒸発させるのに時間がかかるので、今の段階ではちょっと少ないかなぐらいで止めます。
理想はカブ幼虫マットと同じぐらいで、ギュッとにぎって水が滴らない程度。湿気と共に通気性も確保する必要があります。


エンマコオロギの産卵床を用意

今回は3個作りましたが、いちばん上の1個はふるいにかけない混合材料を投入。産卵のしやすさやメスの嗜好、水分の蒸発具合などを見る実験です。
1日放置していい具合になっていたら、さっそく1個を飼育ケース内に入れてみる次第。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | エンマコオロギ〜2010年 | 更新情報をチェックする
2010年09月07日
まずは前置き。

右側で枝豆を食べているのはメス。その横でオスAが鳴きながらアピールをしています。
そこへ奥のほうから急速に近づく別のオスB。びびったオスAはメスに軽く蹴られて退散します。

しめしめとばかりにメスの食べている枝豆に手を出したオスB。
これにはメスも激怒して、オスBを思いっきり蹴り飛ばしてしまいました。
すっかり萎縮してしまったオスBは、メスの怖さを知ったのでありました。

しかし、オスのエンマコオロギというものは、怖いながらもたくましいメスが好きなのであります。
オスAとオスBが懲りずにメスにアピールしながら枝豆を食べているのでありました。

以上を踏まえて動画を見るとわかりやすいと思います。

posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | エンマコオロギ〜2010年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。