2010年10月01日
エゾツユムシのひとりごと

『オトコの声がチープチッ♪って聞こえたの、このあたりなんだけど…』


エゾツユムシのひとりごと

『こっちにもいないし。おかしいわね…』


エゾツユムシのひとりごと

『アタシの季節も終わり。さようなら。』

数週間の間、玄関の前のプランターに住みついていたメスのエゾツユムシでしたが、今はもうその姿はありません。
玄関の灯りに集まる虫もまったくいない夜もあり、カエルもしだいに姿を見せなくなりました。
急速に気温が下がると、急速にいろいろな生き物が消えていきます。日ごと減っていく野原のエンマコオロギの鳴き声、茶色くなっていく周りの緑、北国の秋は嫌いです。
でも柿や栗が出回るので、やっぱり嫌いではありません。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(18) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。