2011年01月16日
カタツムリの冬眠位置を再確認

前回は緊急性も兼ねての携帯撮影だったわけですが、今回ちゃんと撮影しました。
飼育ケース内側壁面を、外から見上げる角度で撮っています。


カタツムリの冬眠位置を再確認

飼育ケース全体から見た位置は、この通りです。
この位置に人気があった理由の推測としては…
1.枯れ葉から発生する蒸気から距離を置き、乾燥環境を求めた
2.相対的な高さを求めた
3.少しでも温暖な場所を求めた(室内飼育ではここが温暖)
4.ぁぃ♂さんの近くにいたいお.....@ノ”     

まあ、4番ではないでしょうが、1番あたりがそうかもしれません。

ちなみに5匹固まっていますが、最初の1匹は左から2番目の個体であることが、ここを見ればわかります。他の個体はまだ反対側に2匹くっついたり枯れ葉の中にいます。


カタツムリの冬眠位置を再確認

向かって右側のふたの裏にいるのが、この世代の筋無しちゃんと他の1匹。
この筋無しちゃん、見る人が見ればわかりますが、まさかこんなところでは冬眠しないだろうという場所にいます。端の格子から1列ずれたところに殻口の3分の1をくっつけて止まっています。
じつは、最初はふたの隅を陣取っていましたが、枯れ葉を入れるときにはがれて落ちてしまい、そのあとにここを選んでしまったわけです。
おそらく、誰にも邪魔されにくいところということで、ここを選んだような気がします。

.....@ノ”<ぼくはアイツらみたいにつるまないお♪            @@@@
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(8) | TrackBack(0) | カタツムリ〜2011年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る