2011年02月11日
膜を二重に張るカタツムリ

ここで膜を張って冬眠していたカタツムリが、さらに内側に膜を張りました。
丸い空気穴が2個見えますが、それぞれの位置に膜が張られています。


膜を二重に張るカタツムリ

赤い線:「殻&膜」と「ケース内側」の接線。
ピンクの線に囲まれた範囲:外側の膜
青い点線に囲まれた範囲:内側の膜

去年枯れ葉の中で冬眠していた個体も二重に膜を張りましたが、そのときの内側の膜はゴムのようにぶ厚くて透明度の無い膜でした。
今回は透明度があるので、比較的薄い膜のようです。
冬眠する場所によって環境も違ってくるので、それに合わせて膜の厚さを考えて決めているのかもしれません。
ちなみに、前に撮ったときは青い点線の位置に体がありました。そのときに内側の膜を作っていたのかもしれません。膜ができたあとは、さらに奥のほうへ体を引っ込めています。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(13) | TrackBack(0) | カタツムリ〜2011年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。