2011年06月16日
カタツムリの卵のその後

アオモリマイマイの卵のその後。濃いのと薄いのと白いのが見えます。


カタツムリの卵のその後

上2つは白い空気の泡だと思っていましたが、なんだか空気っぽくない感じもします。カエルの卵の細胞分裂でもないでしょうが、よくわかりません。
右下の卵は上半分が真っ白に見えます。これもよくわかりません。
左下の卵は、濃い線が弧になっているようにも見えます。
いずれにしろ、まだこの時期は不確定要素が多いので何とも言えません。変化があったことは確かです。


カタツムリの卵のその後

ウスカワマイマイの自家受精の卵。1個だけ濃くなっていますが、ほぼ変化なしです。


カタツムリの卵のその後

パツラマイマイの自家受精の卵の1群と2群。左の卵は、白・薄黄・薄茶の3色あります。薄黄の卵の周囲に変色が見られるので、これらはだめっぽいです。
右の卵はほぼ変化がありませんが、やはり周囲に変色が見られるのでダメでしょう。

前にこのパツラマイマイの卵の殻をゴムまりのようだと書きましたが、よく観察したら厚めのカルシウムの殻でした。大きさの割には厚みがあるので、アオモリマイマイの卵よりはかなり丈夫にできています。
パツラもウスカワも産卵からすでに4週間。孵化の確率はかなり低い状態です。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | カタツムリ〜2011年 | 更新情報をチェックする
2011年06月16日
アカハラゴマダラヒトリ登場

これで真っ白ならシロヒトリですが、ゴマ模様なのでアカハラゴマダラヒトリです。アカハラということなので、見えませんが腹部が赤い蛾になります。
大きさは2cmぐらい。赤い腹が見えなければ、清涼感さえ感じるようなきれいな蛾です。


アカハラゴマダラヒトリ登場

もっとアップで撮りたかったのですが、ストロボ屈折器が無かったので通常撮影。
蛾は哺乳類のようなきれいな体毛を持つので、正面から見るとすごくかわいいのであります。


アカハラゴマダラヒトリ登場

ちなみに16日の深夜から明け方頃の時間帯で、皆既月食を観察できる地域があるようです。自分のところでも部分月食程度なら何とか観察できそうですが、寝不足で怪奇顔色になると困るので寝ます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(3) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2011年06月15日
役割が違う働きアリ

アリの幼虫が大きく育つ季節になると、同じ働きアリでも腹部の大きな個体と小さな個体がいることに気づきます。腹部の大きな個体は常に幼虫のそばに居座り、腹部の小さな個体はその外周にいることが多いのであります。
植えの写真では、中央下の働きアリの他は腹部は大きくなっています。


役割が違う働きアリ

腹部の大きな働きアリ。要するに育児担当です。幼虫に口移しで与える食べ物を、おなかの中にいっぱい蓄えているわけです。


役割が違う働きアリ

腹部の小さな働きアリ。こっちは巣全体の管理運営の担当です。引越し先の調査から意思決定まで行い、巣の引っ越し時には育児担当の働きアリを咥えて運びます。
また、えさ場で食べたえさを育児担当の働きアリに口移しで与えたりします。興味深いのは、幼虫に直接与えるのではなく、あくまでも育児担当の働きアリに与えます。かなり役割分担には厳格のようです。
この役割分担は、比較的若い個体が育児担当となり、ベテラン組が管理運営担当になるらしいです。自然界で土の上を歩いているのはみんなベテラン組ということになります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ムネアカオオアリ | 更新情報をチェックする
2011年06月15日
エンマコオロギの卵の生長

去年の秋からずっと眠り続けているエンマコオロギの卵。


エンマコオロギの卵の生長

もう少しすると、このグミのような卵が孵化して幼虫の誕生となります。


エンマコオロギの卵の生長

卵の上の先のほうに、黒い点が見えます。これは、幼虫の目です。さらによく見ると、卵の下半分に何本も横の線が見えます。これは幼虫の腹部の線です。
着々と生長中のようなので、エンマコオロギの孵化は、ほぼ間違いなく行われると思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | エンマコオロギ〜2011年 | 更新情報をチェックする
2011年06月14日
伊藤園のリーフレタスが発芽

左から、スイートバジル、パセリ、リーフレタス。まずリーフレタスが発芽です。


伊藤園のリーフレタスが発芽

5個蒔きましたが、全部発芽しました。さすがアブラナ科、さすがタキイ。
あと数日したら、中ぐらいの鉢に植え替えたいと思います。間引きして1株にしますが、間引きした苗はカタツムリにあげます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | 伊藤園の野菜栽培 | 更新情報をチェックする
2011年06月14日
いつもより深く田んぼに入り、なんとかカエルが鳴いているところを撮ってきました。
水の中にはすでに大きくなったオタマジャクシが泳ぎ、ミジンコも大発生していました。




田んぼで鳴くアマガエルの動画

ちなみに、この撮影ではビデオカメラの下に小型の懐中電灯を固定して撮った次第。
かなり明るいLEDライトで、光もワイドからスポットまで無段階調整ができます。


田んぼで鳴くアマガエルの動画

前に自転車装着用のLEDライトを買ったのですが、別の用途で使うので装着部の部品は外してとっておきました。今回、その部品を利用したわけです。
ライトの太さが太すぎてネジが入らなくなったので、ビニールタイで強引に縛っています。カメラとの固定は、両面テープを使用。、車用の両面テープなので超強力です。今は剥していますが、ガムみたいな質感のテープなのできれいに剥がれました。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | カエル | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。