2011年07月20日
野生のウスカワも孵化の季節

夜になるとわんさか出没するウスカワマイマイ。写真のやや右下に写っている丸い茶色いものはウスカワマイマイの赤ちゃんです。
自然界でも孵化の季節を迎えているようで、かなり目を凝らして探すと十数匹は確認できます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2011年07月20日
緑のカーテン3割完成

琉球朝顔の生長すさまじく、ネットの3分の1まできました。これ、1株分です。
出てきたつるを誘引しているのは当然ですが、脇芽のように出てくるつるも多く、葉の密度はこれから増してくると思われます。
2本刺してある支柱の向かって左側の根もとに違う形をした葉っぱが見えますが、これがメリーゴーランド。1本のつるが30cmぐらいの高さまで巻きついている状態です。


緑のカーテン3割完成

少し前に気まぐれで1輪だけ咲いた琉球朝顔でしたが、ここにきてこのようなつぼみをたくさんつけはじめました。いよいよ本咲きの準備段階に入ったようです。

今回の緑のカーテン育成で気になるのが下枯れ。いままでのアサガオ栽培でもそうでしたが、ネットの上のほうの葉っぱが元気になるころには、下のほうの葉っぱが枯れだしてしまう現象です。下のほうがスカスカになってしまうので、見栄えという点では落ちてしまいます。
葉の寿命だけでなく肥料切れも原因のはずなので、今回は追肥には気をつけなければなりません。
つか、ここまで旺盛な琉球朝顔にこれ以上肥料をあげるのも怖いような気もしますが。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | アサガオ〜2011年以前 | 更新情報をチェックする
2011年07月19日
ネジバナ開花開始

今年もネジバナが開花を始めました。
3年前に敷地内の野原にひっそりと咲いているのを見つけましたが、草刈りをする場所だったので掘り上げて鉢に植えたものです。雑草系は栽培がけっこう難しく、植え替えた翌年は花が咲きませんでした。ラン科なので、菌の繁殖が進んでいなかったせいもあるかもしれません。
2年目にあたる昨年に初めて3本の花茎を出し、ピンク色の花を咲かせました。
今年は3年目。4本の花茎を出し、ぽつぽつと咲き始めています。


ネジバナ開花開始

ラン科は派手なものから地味なものまでありますが、共通しているのはしっとりとした雰囲気。
このネジバナもその例外ではなく、雑草にしておくにはもったいないほどの雰囲気を持っています。

野原に行くと普通に咲いている植物なのですが、花茎を伸ばす前は地面に低く葉っぱを出しているだけなので目立ちません。やっと花茎を伸ばし始めても草刈りの時季とちょうどぶつかるため、住宅地周辺では開花までは見られなくなりました。
そんな運命のネジバナなので、鉢の中であれ開花はうれしいわけです。
タグ:ネジバナ
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(8) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2011年07月19日
順調生育オシロイバナ

いつつぼみを見せてもおかしくないほどの大きさになったオシロイバナ。今年は葉の生育がいいので、もしかしたら大きな花をたくさん咲かせるかもしれません。窒素過多でないといいのですが。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | オシロイバナ | 更新情報をチェックする
2011年07月18日
むしのきせつがやってきた

たくさん撮ったが全部ピントがいまいちだったと正直に書けばいいものを、それらしいタイトルをつけて集合写真にしてしまう姑息な手段もたまにはいいでしょう。
よいこのみんな〜、むしさんやってきたよぉ〜(^O^)
タグ:昆虫
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2011年07月18日
カタツムリが孵化

産まれそうで産まれない卵ですが、木炭の端っこに孵化した個体を発見しました。


カタツムリが孵化

ついに孵化キタ━ヽ(=゚ω゚)人(*^ー゚)人(´・ω・`)人( ´∀`)人( ;´Д`)人(゚∀゚)人(´-`)ノ━━!!
つか、なんだか体が黒っぽい感じ…


カタツムリが孵化

木炭食ってましたw 産まれたばかりなので、殻の内部が透けて見えています。食べた木炭が黒く見え、同時にこれがカタツムリの腸になります。
バリウム飲ませて胃カメラの実験をするつもりはありませんでしたが、結果的に腸がよく見えてしまいました。
これだけ食べていたということは孵化したのは数日前ぐらいだと思います。


カタツムリが孵化

栄養失調にならないように、さっそく新居を用意。キャベツの葉の最も薄い部分を葉脈切断面仕様であげました。白いのはカットルボーンです。
こうしている間にも、追加で2匹孵化しています。ようやく孵化を迎えました。


カタツムリが孵化

今までは4週間で孵化していたのですが、今回はなぜか6週間かかりました。
あくまでも予想ですが、こういう生き物は孵化のタイミングをある程度調整できるのかもしれません。日数が経ったからといって、炎天下の乾燥状態には産まれたくないでしょう。
たぶん飼育ケース内の湿度が思ったより低かったかもしれません。卵自体は下半分が濡れていた状態でしたが、上半分での湿度の低さを感知したのかもしれません。あくまでも予想です。学術的根拠はありません。
それにしても2週間も長くかかったのは、これだけではなさそうです。この先観察を続行したいと思います。

.....@ノ”<木炭うめぇ〜
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | カタツムリ〜2011年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る