2011年07月09日
ムシヒキアブの交尾

他の昆虫を抱え込んで体液を吸う肉食のアブですが、今日は仲よく交尾のようです。


ムシヒキアブの交尾

トンボに似た捕食方法なので、獲物を包むような方向に脚の関節が曲がります。また、捕えた獲物を逃がさないための脚のトゲの生え方もトンボと似ています。長く伸びた腹部も、ごつい上半身とバランスをとるためなのかもしれません。鳥類が尾翼を使ってしなやかに方向転換するように、獲物を捕らえる肉食の昆虫も飛行のバランス性は重要なわけです。
ちなみにムシヒキアブは体液を吸いますが、トンボは肉を食べるところが違いといえば違いです。幼虫時代は水の中と土の中なので、もっと違うことになります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2011年07月09日
カスミカメムシのなかま

正式名称は不明ですが、カスミカメムシのどれかっぽいです。


カスミカメムシのなかま

胸部に黒い紋が2個あります。鼻先が黒くて複眼は小さめ。


カスミカメムシのなかま

羽根を開くとこんなかんじ。大人しそうなカメムシでした。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(3) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2011年07月08日
カタツムリのニンジンに対する嗜好

縦に4等分に切った人参をカタツムリにあげると、必ずこのような食べ方をします。切る前のニンジンの形で言うと、皮と中心部は食べません。その間だけを好んで食べます。


カタツムリのニンジンに対する嗜好

皮と中心部を見事なまでに残しています。


カタツムリのニンジンに対する嗜好

どうやっても、ここは食べません。

簡単に言うと中心部は吸い上げた水の通り道であり、根全体としては機関部のようなところです。ぎっしりと詰まったような繊維質を強く感じる場所でもあり、ジョリジョリした肉質です。
カタツムリが好んで食べるのは、中心部と表皮の間の部分。ここはデンプンなどが豊富に含まれる場所で、養分の倉庫のような場所になります。中心部と比べるとかなり果実に近い肉質でもあります。
このような違いがあるので、カタツムリはいつもおいしくて栄養がある場所を食べているわけです。たぶん、甘さも感じていると思います。
根菜と呼ばれる根を食べる野菜は、普通の植物よりも養分の倉庫の部分が大きくなっていて栄養もあるので、人間も好んで食べるわけです。

余談ですが、ニンジンを食べたカタツムリのフンは粘り気と水分が少ないので、掃除が楽です。また、匂いもほぼありません。
簡易掃除のときには割りばしでフンだけをつまんで取り除くのですが、極めてつまみやすいフンです。
次に掃除しやすいのがカボチャのときのフン、その次がキャベツのときのフンです。
キュウリやレタスなど水分が多い野菜のときにはフンの水分も多めになり、割りばしでつまむのに苦労します。また、水分が多いほど匂いも強くなりがちです。
最悪なのはレタスのときで、食べ残しの形状が細かくて多いので、割りばしでつまむ状況ではなくなります。さらにそれらがすぐに腐敗するので、こっちはこっちで匂いを発生させます。さらに含まれる乳液状の白い液体がカタツムリの這ったあとにそのままつくので、飼育ケースの内側がかなり白く汚れます。
レタスはカタツムリが好きな野菜のうちのひとつですが、全面掃除をする前の日でなければあげていません。
野菜そのものの日持ちや掃除のしやすさを考えれば、やはりニンジンやカボチャが最強です。キャベツは掃除はしやすいのですが、匂いが強めなので小まめな掃除が必要になります。
そんなこんなで、何を食べさせたかによって掃除のペースも変わってきます。逆に、ここ数日は忙しいなという時にはニンジンなどをあげることにしています。
おやつとしての果物系は腐敗が早いので、確実に掃除ができる前日ということになります。

.....@ノ”<毎日掃除してバナナだけを食わせろ                   (;一_一)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | カタツムリ〜2011年 | 更新情報をチェックする
2011年07月08日
セマダラコガネに嫌われた(´・ω・`)

『あ、人間来た!』


セマダラコガネに嫌われた(´・ω・`)

『あっち行け(゚Д゚)ゴルァ!!』

セマダラコガネに嫌われた(´・ω・`)


セマダラコガネに嫌われた(´・ω・`)

『あっち行け(゚Д゚)ゴルァ!!』

マメコガネにも嫌われた゜゜(´□`。)°゜。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(10) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2011年07月08日
丈夫そうなヒマワリ

毎年コスモスを植えている場所に、今年はヒマワリを植えてみました。ポットで発芽させた後に植え替えたのですが、例年になく太い幹で丈夫そうに育っています。
今までヒマワリを植えていた場所よりは日当たりが良く、肥料も多めにやりました。このことが、初期の生長に良い影響を与えているのかもしれません。
まあ、ヒマワリはとにかく日当たりが最重要なので、単に日当たりの違いかもしれません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2011年07月08日
ワケありのアリグモ

玄関先の灯りに照らされるホトトギスの葉の上に、アリグモがいました。普段なら近づくと少しずつ逃げるアリグモですが、なぜかじっとしています。


ワケありのアリグモ

おお、葉の上に糸を張ってじっとしています。ここを陣地として獲物の捕獲を考えているようです。
玄関先の灯りを見上げると、小さな蚊のような虫やユスリカがたくさん飛んでいました。これを狙っているようです。
アマガエルと同じですね。人家の灯りに集まる虫を獲りたくてここにいたのであります。
最良の場所に最良の陣地を築いたアリグモ、動きたくなかったわけです。
ただ、何日もここで動かない場合は、もしかしたら産卵を考えているのかもしれません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る