2011年07月22日
ヒロオビトンボエダシャクの待ち伏せ

先日玄関のところで休んでいましたが、写真を撮る時間が無くてそのままでした。
次の日の朝に来てみたら、まだいたので撮影。ホトトギスの葉の上で休んでいました。


ヒロオビトンボエダシャクの待ち伏せ

いつか撮ったウメエダシャクかなと思いましたが、なんか違うので調べてみたらヒロオビトンボエダシャクという蛾でした。
幼虫はツルウメモドキが食樹のようで、いた場所の横には確かにツルウメモドキの木があります。この木から育った成虫かもしれません。
写真の状態で左右の羽根の端から端まで5cmぐらい。色合いがいいので、大きい割にはすっきりとしたイメージです。


ヒロオビトンボエダシャクの待ち伏せ

『ぁぃさん、ずっと待ってたんですから…』

(●´ω`●)ゞ


ヒロオビトンボエダシャクの待ち伏せ

さらに次の日、休んでいた葉っぱの裏側に移っていました。右上のほうにいます。
ちなみに、この写真の中にアマガエルの子ガエルが1匹写っています。目の訓練にどうぞ(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2011年07月22日
またまたカタツムリが産卵

掃除の途中で卵を発見。たぶん筋無し母が産んだ卵です。


またまたカタツムリが産卵

全部で21個。ちょっと少ないのが気になるところ。1個だけ割れているように見える卵がありますが(下より3個目)、これは透明度が異常に高い卵です。未完成っぽい卵ですが、合わせて様子を見ます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | カタツムリ〜2011年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る