2011年08月10日
夏眠しないカタツムリ

親カタツムリの2匹。右が筋無し母です。暑くてかなりバテていますが、ニンジンには飛びついてきます。


夏眠しないカタツムリ

筋無しの子カタツムリも、なんだか筋が濃くなってきました。殻の直径は3cmを超え、年内には大人になるでしょう。


夏眠しないカタツムリ

筋有りの子カタツムリ。1匹しか写っていませんが2匹とも元気です。殻のふちの肉の盛り上がりが目立つので、もうすぐ大人になりそうです。


夏眠しないカタツムリ

少し前に孵化した赤ちゃんたち。左上の個体が孵化後に木炭を食べていた個体ですが、いまだに顔が黒っぽいです。


夏眠しないカタツムリ

美人のウスカワも、すっかりおばあちゃんになりました。たまに白い膜を張っているので、夏眠しかかっています。


夏眠しないカタツムリ

ブログには載せていませんが、先日7個の卵を産みました。パツラもかなりのご高齢のはずですが、膜を張って夏眠するというよりは湿った木炭にくっついて常時濡れている状態を好みます。

カタツムリ飼育の中では、生長期のフン取りより大変なのが夏の暑さの中での管理です。
蒸れとえさの腐敗には気を使います。エアコンを点けたり切ったりの室内飼育なので、放っておくと飼育ケースの中があっという間に乾燥します。それを緩和するためにラップでふたの一部を覆っているのですが、この覆う面積で蒸れも決まってくるのでむずかしいところです。
特にフンから発生するアンモニアはできるだけ早くケース外に逃がしたいわけで、結果的にはエアコンONのときは多めに覆い、OFFのときには開放気味にしています。
このようにエアコンを点けたり消したりで常時暑いわけでもないので、夏眠に入らないのかもしれません。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | カタツムリ〜2011年 | 更新情報をチェックする
2011年08月10日
ひまわりに"ひ"の幼虫発見

ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃΣ(゚Д゚)ということで、ひまわりの葉っぱに"ひ"がいました。
体長は3cm。でかいシャクトリムシです。その先を見ると、ひまわりの葉っぱがすでに食べられていました。こんなのに食べられたら葉っぱが無くなりそうだったので、退散願った次第。そのついでに撮影会の開始です。


ひまわりに"ひ"の幼虫発見

死んでいません。シャクトリムシの習性で、頑固に紙の上で枝のふりをしています。ころころ転がしてもびくともしません。すごい根性です。
写真上が、真上から撮ったもの。写真下が真横から撮ったもの。どちらも写真右側が頭部です。
ここまで鮮明に撮りながら、名前がわかりませんでした。一番近かったのがオオトビスジエダシャクだったので、それにしておきました。


ひまわりに"ひ"の幼虫発見

動かないので撮り放題。頭部正面です。さっきまで吐いていた糸が少し絡んでいます。
つか、グロですんませんヾ(^-^;)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2011年08月10日
コクワガタのメス登場

玄関の天井に張り付く黒い影。エビ反りながら撮りました。


コクワガタのメス登場

種類を見分けるためにも、できるだけ鮮明に撮らなければなりません。真上のショット。つか、実際は真下ですけど。


コクワガタのメス登場

なんか、黄色いハエのようなものが付いてますな。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2011年08月09日
エンマコオロギ体長1cm

卵から孵化したエンマコオロギも、体長1cmにまで大きくなりました。
この頃はけんかもよくするので、ふ節が無かったり触角が無かったりします。


エンマコオロギ体長1cm

大好物の枝豆。今回はニンジンもあげてみました。けっこう何でも食べます。


エンマコオロギ体長1cm

食べてる食べてる(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | エンマコオロギ〜2011年 | 更新情報をチェックする
2011年08月09日
2cmのチョウの幼虫

葉大根のプランターに陣取るスジグロシロチョウの幼虫も、すでに2cmとなりました。
目視では大なり小なり7〜8匹います。


2cmのチョウの幼虫

頭についている黒い点は単眼。左右に6個ずつあります。
黒い点が4個つながって見えますがこれは1列目で、次の列に2個ついています。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2011年08月08日
ツマグロオオヨコバイの幼虫

黄色くて小さなものが草むらの中を跳ねていたので、よく見たらツマグロオオヨコバイの幼虫でした。特に珍しい昆虫でもなく、この時季にけっこうどこにでもいます。
アサガオの花が咲くころ、雨も降っていないのに葉っぱが部分的に濡れていることがあります。そのすぐ上にツマグロオオヨコバイの成虫が止まっていることが多いです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(3) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。