2011年08月27日
アズマヒキガエル登場

当ブログでは初登場のアズマヒキガエルです。つか、初めての遭遇でもあります。体長は12〜3cm。さすがにでかいです。
家の庭に参上して以来、家族が怖がるので別の場所に移住願うために一時的に保護中なのであります。
それにしても凛々しいお顔をしていらっしゃいますな。


アズマヒキガエル登場

俗名では、イボガエルとかガマガエルとか言われます。児雷也のカエルのモデルにもなっています。


アズマヒキガエル登場

耳の上あたりに毒腺を持つので、取り扱いは注意が必要。


アズマヒキガエル登場

目の右側に見えるつるりとした丸い部分が耳(鼓膜)です。よく似たニホンヒキガエルと区別するとき、これより小さい鼓膜を持つものがニホンヒキガエルだと言われています。

それにしてもこの顔つき、何かを悟っているかのような賢そうなお顔です。小さな生き物はよくバカ扱いされがちですが、こういう表情を見ると言葉は話さなくても絶対に彼らは彼らなりに何か考えていると信じたくなります。つか、信じているんですけど。

このカエルは、生活しやすい場所にさっき放してきました。
ヒキガエルは居心地がいいと人家の庭に住みつくらしいですが、家の庭はけっこう居心地がよさそうなので、住みついたらやばいわけです。
親は怖がるし、放したエンマコオロギもすごい勢いで食べられてしまいます。また、時々顔を出すミミズも根こそぎやられてしまいます。つまり、庭崩壊となるわけなので、お引っ越し願った次第。
このカエルには全く罪は無いばかりか、愛着のある顔を見てると友だちになりたいほどです。しかし、いざ飼育となればやはり大型の両生類はそれなりの管理が必要になり、かえってストレスも与えそうなので、今回は勘弁。
ネットを探すとそれでも上手に飼っている人も多く、ハイレベルな飼育環境を維持していることに感服します。確かにかわいいですもんねー(^O^)

せっかくなので、記念動画を撮ってみました。

posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(12) | カエル | 更新情報をチェックする
2011年08月27日
カンタンと友だちになるのは簡単

帰ろうとして玄関を出たら、1匹のカンタンが待ち伏せをしていました。かわいい奴じゃないか。


カンタンと友だちになるのは簡単

数分間会話をしたあと手を差し出すと、すかさず手乗りカンタンになってしまいました。


カンタンと友だちになるのは簡単

このあと、ホトトギスの葉の上に移動。何とも言えない半透明の体が繊細です。


カンタンと友だちになるのは簡単

横から見ると、相変わらず長い触角。体型は極めてスリム。


カンタンと友だちになるのは簡単

卵管を持っているので、この個体はメスです。


カンタンと友だちになるのは簡単

よく見たら、奥にも1匹いました。これもメスでした。
今はあちこちの野原や庭でカンタンの声が聞こえます。オスの鳴き声にひかれて、メスが移動している時季でもあるわけです。
この付近でもカンタンの鳴き声が聞こえることがあるので、その声に引き寄せられて集まったメスかもしれません。カレシ見つけてこのあたりにいっぱい卵を産んでくれよー(^O^)


カンタンと友だちになるのは簡単

ちなみにこっちは同時に現れたシバスズ系の昆虫。エンマコオロギの幼虫と大きさも似ていますが、これはこれで成虫です。
ジィーー♪と鳴く声は体の割には大きな音で、秋らしい虫の声です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る