2011年09月19日
ヤマトシジミの幼虫

放置していたプランターにいつの間にかカタバミが群生していましたが、ヤマトシジミが産卵するかもしれないのでそのままにしていました。
ふと見ると、葉っぱに食痕が確認できました。


ヤマトシジミの幼虫

白い膜を残して葉肉だけ食べるのが、ヤマトシジミの幼虫の食べ方です。見つけにくい幼虫ですが探してみました。


ヤマトシジミの幼虫

いました。真ん中のだ円形のものがヤマトシジミの幼虫です。大きさは3mmぐらい。
ヤマトシジミの幼虫はカタバミしか食べません。なので、カタバミがある程度群生していれば、けっこう高い確率でヤマトシジミの親が産卵しに来ます。

カタバミは迷惑がられる雑草で、繁殖力がものすごい植物です。
種のさやができるころにちょっと触ると種が四方八方に飛び散り、しかも種の表面に粘着効果があるので動物の体について遠征も可能になっています。
いつのまにか鉢植えの土にもよく発芽するカタバミですが、小さいうちに抜かないと根が深く伸びてしまって抜くのも大変になります。
カタバミの種については、前にここで書いています。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。