2011年10月25日
エンマコオロギが産卵

設置した産卵床に、2匹のメスが産卵しているのを確認できました。
拡大写真の矢印のところで、産卵管が刺さっているのがわかります。

飼育ケースの中に置く産卵床はどうしても小さめになるので、ある程度産ませたらまた新しい産卵床と交換する必要があります。そうしないと、狭い中に大量の卵が産まれることになり、孵化率が落ちる可能性が出てきます。
産卵床はとりあえず4個作っていますが、たぶんもっと必要になるでしょう。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | エンマコオロギ〜2011年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。