2011年11月19日
基本的には仲がいいコオロギ

孵化の時からずっと一緒にいる飼育下の兄弟たちは、基本的には仲がいいです。
オス同士の陣地争いやメスの奪い合いでケンカもしますが、普段はオスもメスも無くコミュニケーションをとっています。この3匹は、オス2匹とメス1匹です。


基本的には仲がいいコオロギ

こっちでは、メス2匹が枝豆の食事中。相変わらず大好物のようで、がっついてます(^O^)


posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(4) | エンマコオロギ〜2011年 | 更新情報をチェックする
2011年11月18日
ルリタテハのサナギ続報

サナギになって10日ほど経ちましたが、特に変化はありません。
他のチョウであればこのまま越冬サナギになるんだなということになりますが、ルリタテハは成虫で越冬するチョウですので寒くても羽化はするでしょう。


ルリタテハのサナギ続報

プランターの縁のサナギも健在。


ルリタテハのサナギ続報

まだ幼虫の状態の個体も撮ったのですが、右に写っている別のサナギの色が黒っぽくなっています。
まもなく、あるいは数日で羽化しそうなオーラもあるので、ちょっと注意深く観察したいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(7) | ルリタテハ | 更新情報をチェックする
2011年11月16日
モテモテのオスコオロギ

いやはや、去年もありましたが今年もオス同士の交尾があったようです。この個体はどう見てもオス。なのに、おしりに精球が挿されています。


モテモテのオスコオロギ

…と考えていましたが、もしかしたらこれは交尾に失敗した状態ではないかと思ったわけです。
メスに挿そうとして挿入器をメスに入れたまではよかったものの、うまく引っかからないまま挿入器を抜いてしまい、先についていた精球がそのまま自分の体に戻ってきて自分に挿さってしまったという手順。
精球は涙滴型をしていますが、観察した範囲では精球のとがったほうを挿入器がつかんだ状態でメスの体内に引っかけるような交尾のしかたをします。押し込むのではなく、先を引っ張りながら体の奥に固定するようなかんじです。
なので、うまく引っかからないと抜くときにとがったほうが自分のほうを向いたまま戻り、挿入器が収納されると同時に精球がオスの体に刺さるようなかんじです。
説明が複雑ですが、なんだかそのように思えてきました。
ちなみにこの精球はメスの大好物らしいです。交尾されても取って食べてしまうこともあるとかw

今日は、みぞれが吹雪く大荒れの天気でした。コオロギたちは室内で元気に鳴いています。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(7) | エンマコオロギ〜2011年 | 更新情報をチェックする
2011年11月15日
ひたすら冬眠中のウスカワマイマイ

もうかなり前からふたの裏にくっついて冬眠中のウスカワマイマイ。つか、夏眠から覚めないでそのまま冬眠に入った状況でもあります。
あんまり長い間目覚めないので、1回生きているのか気になって剥がしたことがありますが、ピンピンに元気でした。
ただ、その後すぐまた冬眠に入ってしまいます。そんなわけで、このまま起こさないようにしています。


ひたすら冬眠中のウスカワマイマイ

殻とふたの隙間には、白い膜と透明な膜を張っています。白い膜は厚みのある丈夫な膜で、冬眠などの長い休息のときにこのような膜を張ります。
早期の冬眠がウスカワマイマイの生態なのか、この個体だけの個体差なのかは不明です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(8) | カタツムリ〜2011年 | 更新情報をチェックする
2011年11月14日
カタツムリの冬眠準備

サクラの木の葉も散り、間もなく秋も終わります。


カタツムリの冬眠準備

木の下にはたくさんの枯れ葉。掃除のおばさんに回収されないうちに確保します。


カタツムリの冬眠準備

必要な量だけ確保しました。今年もサクラの枯れ葉を使って、カタツムリの冬眠環境を作りたいと思います。実際に作るのは来月ぐらいになると思います。

前にも何度か書いていますが、サクラの枯れ葉を使う理由をまとめます。

■なぜ枯れ葉を入れるのか
自然界のカタツムリは、枯れ葉の下などで冬眠します。この自然のアイテムを飼育環境にも入れたいわけです。

■なぜサクラの枯れ葉なのか
大きく厚いサクラの枯れ葉は、水に浸ってしばらくするとホクホク柔らかくなります。これがカタツムリの非常食にもなります。
また、水に濡れても濡れなくても形崩れしにくい葉っぱなので、手で揉まない限りはくだけて粉々になることがありません。
桜餅のような甘い香りがケース内に長期間維持されるものいいかんじ。

■安全性の実証
今までの冬眠には毎回使用してきましたが、おかしなことは発生しませんでした。
気まぐれで冬眠中に起きたカタツムリがホクホクした部分の枯れ葉を食べて枯れ葉色のフンをしていたのも確認しています。
カビは発生しますが、影響はありません。むしろ枯れ葉の風化を進めてくれる原因の一つでもあるので、納豆菌と同じ考えで放置しています。
1度だけカビが異常に発生したことがありますが、カタツムリは全数無事にに目覚めました。

■結論
まあ、難しいことは考えなくても、桜餅の香りがするだけで入れて良かったと思えるアイテムです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 🌁 | Comment(15) | カタツムリ〜2011年 | 更新情報をチェックする
2011年11月13日
定刻水やりカタツムリ

『ぁぃさん、そろそろでしょ?』

いつもほぼ同じ時間帯に霧吹きをしていますが、最近その時間を覚えたようで待機するようになりました。


定刻水やりカタツムリ

『キタキタ、キタ━━━ @ノ”━━━ !!』

霧吹きをすると、下に進んでいたカタツムリも大きくUターン開始。


定刻水やりカタツムリ

口の形を水飲み態勢にしながら、ケース内を這いまわります。
水を飲んでいる過去の動画はこちら
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | カタツムリ〜2011年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。