2011年11月05日
前蛹になったルリタテハの幼虫

ルリタテハの幼虫で、丸くなっている個体を発見しました。


前蛹になったルリタテハの幼虫

幼虫がサナギになる前に、食べるのをやめて動かなくなり、体を枝に固定します。この段階を前蛹といいます。アゲハなどは頭を上向きにして固定しますが、ルリタテハは下向きに固定します。
このまま動かなくなった幼虫の体の中では、サナギの体がどんどんできていきます。この段階では腸などの消化器官は全て排泄済で、サナギ、つまりは成虫の体を作る組織が活動を始めている状況になります。
どろどろの液体で羽根や脚や腹や頭をゼロから作っていくわけで、よく考えるとこれはとんでもない高等技術です。しかも羽根などは折りたたんだ状態を作ることになるので、もう人間の思考の域を超えるレベルです。
そんなわけで、昆虫にはつくづく敬意を表さざるをえませんな次第。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(2) | ルリタテハ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。