2011年12月06日
ムネアカオオアリ異常なし

特に何も起こらないので書くことも無いのですが、異常が無いということを書くわけです。
おなかもぷっくり膨らんでおり、栄養面では心配もありません。
手前のほうに写っている個体は、おなかがあんまり膨らんでいません。これは巣を守衛する役割を持つ働きアリで、よく動き回っています。
女王アリがいなくなってから長く経ちますが、女王アリが産んだ卵から孵った幼虫が、いまだに小さいままで数匹います。
明らかにホルモン等で制御されているのはいいのですが、いつまで幼虫のままでいるのでしょう。
食べるなら食べる、成長させるのなら成長させる、そのどちらでもないままでずっと時間だけ流れていく状況。
働きアリたちは何を考えてこのようにしているのか、まだまだ謎が多すぎて静なる飼育もまた楽しいわけであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(5) | ムネアカオオアリ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る