2012年05月30日
トビイロケアリの威嚇

ブロック塀の隙間を巣にしているトビイロケアリがいました。丈夫さでは最高ですが、夏はちょっと暑いんではないかと思います。


トビイロケアリの威嚇

入口で監視役のアリがアゴを広げて威嚇しています。強固な要塞を手に入れての雄たけびかもしれません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2012年05月29日
憂うハエトリグモ

『・・・・・』

どーしたんですか?(^O^)


憂うハエトリグモ

『世間が見えすぎる・・・』

目が8個もあるからですよー(^O^)


憂うハエトリグモ

『もういい・・・』

明日は明日の風が吹きますよー(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2012年05月29日
まつぼっくりからの発芽

昆虫を探しながら花壇を見ていたら、見覚えのある芽がありました。これです。
まつぼっくりからこぼれおちた種がここまで飛んできて発芽したようです。
ここは公共施設の花壇なので、大きくなって目立つようになると抜き取られると思いますが、松ぼっくりの種はけっこう簡単に発芽します。
発芽したての植物は、どの種類であれ生命感があふれて生き生きとしています。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2012年05月29日
サクラセグロハバチの幼虫

幼虫といっても白っぽいのは少ないので、もしいたらサクラセグロハバチの幼虫だと思います。
ハバチ系の幼虫はこの姿勢でいることが多いので、白いと逆に目立ちます。
ちなみに、左上にぼんやり写っているのはアリ。


サクラセグロハバチの幼虫

さっきのアリがカメラに向かって、かなり強く警告してきました。この幼虫と何らかの共存関係を持っているのかもしれません。ハチとアリは従兄弟みたいなもんですから。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2012年05月28日
赤と黒、ニホンカブラハバチ

赤と黒、黄色と黒。これらは警告色と呼ばれるもので、「毒持ってるから食うなよー」の意味になります。
ただ、実際には毒を持っていないハッタリも多く、このニホンカブラハバチも毒は無いです。
赤とか黄色は人間社会でも似たような意味を持つものが多く、信号がいい例です。昆虫と人間のどっちが早かったかといえばもちろん昆虫なわけで、人間はいろいろなことを決めるときに昆虫界のルールやしくみを応用することが多いです。そもそも地球は昆虫の星。この星で最も繁栄している生命体が昆虫であることは事実です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2012年05月28日
ベニシジミに嫌われた(´・ω・`)

『ルンルン♪』


ベニシジミに嫌われた(´・ω・`)

『ちょっと!あっちいってよっ!』

(´・ω・`)


ベニシジミに嫌われた(´・ω・`)

『おさんぽおさんぽ♪』


ベニシジミに嫌われた(´・ω・`)

『あんた、まだいたのっ!』

(´・ω・`)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る