2012年05月21日
3つの色のシバザクラ

色のセンスで言えば、シバザクラはかなり上位に位置すると思います。
白は蛍光白ではない絵具の白。ピンクは絵に描いたようなピンク。濃いピンクはツツジのような濃いピンク。
小さい花が密集状態に咲き、まさに花の絨毯ができあがります。
グラデーションになるように植えると、これまた最高。花びらの形もいろいろあるそうで、よく見たら花びらの形が違ってたという発見もまたよし。
いやはや、まさに素材。花の形をした色彩粒子なのであります。
タグ:シバザクラ
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2012年05月20日
オトシブミの日光浴

1cmもない小さな昆虫なので日光浴でもしていないと発見できないのですが、日光浴をしていたので運良く発見した次第。葉っぱ巻き巻き職人のオトシブミ参上。


オトシブミの日光浴

細い首と細い頭。しかし、脚は筋肉隆々です。


オトシブミの日光浴

今年も葉っぱ巻き巻きを見せてくれるのでしょうか。
いつかの巻き巻きはここ
もしかしたら、早くもいい葉っぱを見つけて陣取っているのかもしれません。


オトシブミの日光浴

上から見ると、こんなかんじです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(5) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2012年05月19日
今年もエンマコオロギ

しばらく外の気温下に保管していたエンマコオロギの卵が入った4つのケースを、飼育ケースに入れて室内に移動しました。孵化態勢のスタートです。
去年は数百匹孵化しましたが、今年はどうなるんでしょうか。無事に卵が冬を乗り越えていてくれればいいのですが。
飼育ケースの中身は、例年とほぼ同じ。配置は左右対称型から非対称型に変更しました。孵化が始まったら、真ん中の空き地に水やエサを置く予定。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(4) | エンマコオロギ〜2012年 | 更新情報をチェックする
2012年05月18日
グローカルの開花のしかた

グローカルの開花も折り返し地点のようです。
それぞれの穂の中間部あたりに黄色いおしべが見えていますが、この黄色い部分は下のほうから徐々に上がってきました。つまり、下のほうから順次咲いていったかんじです。


グローカルの開花のしかた

この穂で言うと、下から開花終了、開花中、開花前になります。ちょうど桜前線が北上するように、徐々に花が上部に移っていくような咲き方でした。
ちなみに咲き終えた部分はポロポロと落ちて大変でした。花の香りはとうとう無臭状態のままでした。
花粉は粉末状というよりは極小のグミのような質感で、タンポポあたりの花粉に近いです。
花が落ちた後は何も無く、何かが結実するような気配はありません。この穂の部分の軸は葉が出てきそうにもないので、たぶんこのまま部分的に枯れ落ちるかもしれません。そしてまた、普段の観葉植物に戻ると思われます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2012年05月18日
サナギ消滅事件発生

大きく育ってマユを作った1匹の幼虫でしたが、そのマユが小さな白い塊になっていました。
働きアリがマユの皮を剥ぎとり、中身の体液を吸い取っています。


サナギ消滅事件発生

その行為が行われている最中、他の働きアリたちはその現場に近寄ろうとしません。特別なことが起こっていることを知ってのことだと思います。


サナギ消滅事件発生

少しずつ小さくなるサナギ。もしかしたら、皮の中ではまだ幼虫だったのかもしれません。


サナギ消滅事件発生

マユの皮の一部が落ちていました。皮を切り取るように剥いたようです。


サナギ消滅事件発生

ずっと近くをうろうろしていた別の働きアリが、残り少なくなった体液を吸っています。このあと、白い塊は消滅しました。

さて、どうしてこのようなことが起こったのでしょう。メープルシロップも水も十分あげていました。たまにコバエも入れたりしていました。食べ物は常にあった環境でした。

推測1 サナギが自分で死んだ
サナギの死を知った働きアリが、食糧として摂取した。
推測2 事故でサナギが傷ついた
働きアリの事故的な扱いでサナギが傷つき、体液が漏れた。生存をあきらめて食糧として摂取した。
推測3 ストレスで狂乱した
何らかの外的要因がストレスになって、思わぬ行動に出た。

働きアリの食べ物は純粋な糖分であり、動物性の蛋白質は不要なはずです。他に成長中の幼虫がいる場合は幼虫に与えるために糖分以外のえさも摂取しますが、このときは食べられたサナギしかいませんでした。
今まで育ててきた幼虫を食べてしまうことは、幼虫の数が徐々に減っていくことから気付いていました。しかし、最後の幼虫がこのようなことになり、クローズアップされた形で飛び込んできたせいで、さすがに動揺を隠せません。残酷だとかかわいそうだとか悲しいとかではなく、理解はしているが受け入れられないという葛藤でしょうか。

いずれにしろ、このコロニーから次世代の1匹は消えました。アリの社会のことですので干渉はしませんが、高度な知能を持った昆虫がしたことですので、アリにとってはこれが最善の方法だったのだと思うしかありません。共食いはいろいろな生き物の中で何度も目にしてきましたが、今回の共食いはそれは生態なんだという一言ではかたずけられない何かを感じました。
同じ共食いでも、比較的低知能な生き物と高知能な生き物では、そこにある意味が少し違うのではないかなとも思います。無条件に食べてしまうことと条件があるから食べてしまうことの違いのようなものです。
違う言い方をすれば、本能で食べてしまうことと知能を持って食べてしまうことです。
アリの場合、特に今回の場合は後者だろうとは思いますが、どのように知能を働かせた結果なのか、それはわかりません。しかし、ここでアリに対して馬鹿野郎と思うのは理性のある人間のすることではありません。基本的に尊重する、しかし今回は理解不能、それでも信じて尊重する、そんな理性ある思考で理解しようと思います。
タイトルで事件と書きましたが、アリにとっては極めて日常的なことだったのかもしれません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(7) | ムネアカオオアリ | 更新情報をチェックする
2012年05月18日
人懐っこいギンバエ

お、ギンバエが友好ビームを発しています。人間を観察しているようです。

人懐っこいギンバエ

こっちも負けずに観察。真横撮影にも応じてくれました。


人懐っこいギンバエ

つか、カメラを観察してますな、こりゃ。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(6) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る