2012年06月21日
エンマコオロギが孵化!

まだかなまだかなと霧吹きの日々でしたが、今日霧吹きをしたら何かがピョンッと跳ねました。


エンマコオロギが孵化!

体長1mmのエンマコオロギの幼虫、ここに孵化を確認。すでに黒くなっているので、前日に孵化したのかもしれません。目を凝らして確認しましたが、2匹孵化していました。
エンマコオロギの孵化は一斉に始まるので、この2匹は先遣隊か気まぐれ早熟組だと思います。恐らく1週間以内にうじゃうじゃと出てくるはずです。

昨年は6月19日に孵化の記事を書いていますので、ほぼ同じ時期の孵化になりました。
日光の無い室内での孵化なので、自然界の地面のような地温の上昇という現象がありません。地中の卵はこういった自然現象も感知しているはずなので、飼育下で孵化時期を早めるには人工的な地温の上昇手段を考えなければならないかもしれません。また、ただ温めるだけでなく、夜間は温めないようにして自然界と似せることも必要かも。このあたりは、次年度からやってみたいと思います。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | エンマコオロギ〜2012年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。