2012年07月26日
半分赤いミズホヤドリコハナバチ

第一印象では、赤いハチが花から花へと飛び交うかんじ。しかし、花にとまると赤い腹部が褐色の羽根で覆われて見えなくなり、ただの黒いハチという印象に変わります。
体長は1cmぐらい。他のハナバチと同様、人間をあまり意識しない平和主義のミズホヤドリコハナバチなのであります。


半分赤いミズホヤドリコハナバチ

赤いのは腹部の前半分だけですが、そんなに速く飛ばないので「赤いのが飛んでる!」とすぐに気付きます。
赤色の質ですが、昆虫界でもかなり上質なほうだと思います。少なくても人間を魅了させるレベルではあります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2012年07月26日
羽化したオニヤンマ

木の幹の高いところで何かがひらひら動いていました。カメラのズームで見たら、オニヤンマでした。
脚元にはヤゴの抜け殻。ここで羽化したようです。
高さは3mぐらい。ちょっとした突起状の枝につかまっていました。


羽化したオニヤンマ

近くの小川から這い上がってここまで上ったようですが、小川までの距離は10mぐらいありました。
何時間も歩いてこの木を見つけたようです。お疲れさまでした。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2012年07月25日
東京都足立区の佐野地域学習センターで開催される「鈴虫の育て方教室」で、当ブログのスズムシの写真が13枚使用されることとなりました。
参加者には講座の後にスズムシが配られ、実際に飼育できるような流れになっているようです。

公共の場所で子どもたちのために開催される講座のお役にたてることは当ブログの最も基本的な思想と合致するものであり、今回のことは非常にうれしく思っています。
ひとりでも多くの子どもたちがスズムシに興味を持ち、きれいな鳴き声に感動してくれればいいなと思います。

「鈴虫の育て方教室」は、8月11日(土)午後2時〜4時に佐野地域学習センターで開催されます。参加には申し込みが必要です(7月26日受付開始)。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(10) | 【メディア掲載履歴】 | 更新情報をチェックする
2012年07月25日
モフモフのハエ

体にモフモフの毛をまとったオサレさん。せっかくポーズをとってくれたのですが、名前がわかりません。


モフモフのハエ

ハエ系のようでもあり、ハナアブ系のようでもあり、せめて腹部がどんなだったか覚えていればよかったのですが、まったく記憶にございません。つか、もっと別角度から撮れよというパターンですな。
タグ:ハエ 昆虫
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2012年07月24日
サワガニが産卵!

砂利の上にオレンジ色の物体が転がっていました。卵です。産卵したようです。


サワガニが産卵!

直径2〜3mm、全部で60個ぐらいありました。


サワガニが産卵!

産卵したメス。

現在このメス1匹しか飼っていないので、残念ながら卵はすべて無精卵になります。数日放置していましたが、案の定急激に卵が白くなってきて溶けだし、水がかなり汚れました。
これはいかんということで、急きょ水槽の大掃除。現在はまたきれいな水に戻っています。

観察メモとしては、産卵前にやたら逃げ出そうとする行動が見られました。あとから調べたら、これは産卵前のサワガニの習性であり、離れた場所に産みたがるらしいです。
現在の様子ですが、なぜか木炭の上(水の外)に上がっている時が多く、体の色が黒くなってきました。今までほとんど水の中にいたので、普通ではない状態です。ちょっと気になります。
いずれにせよ、水の外にいたい何らかの理由があってそこにいるはずなので、カニ自身の行動を信じたいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | サワガニ | 更新情報をチェックする
2012年07月24日
ヤマアカガエルに遭遇

むむっ、視線を感じる次第!


ヤマアカガエルに遭遇

おお、君でしたか。小川の色によく溶け込んでいて見落とすところでした。


ヤマアカガエルに遭遇

『今度はもっと早く見つけてケロ♪』
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | カエル | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る