2012年09月16日
マイマイカブリ現る

車庫の奥のほうにでかい虫を発見。オニグモかと思いましたが、もっと大きいです。近寄ってみたら、なんと、カタツムリを食べることで有名なマイマイカブリでした。
マイマイカブリは羽根を持たないので飛べません。そのため、生息分布には限度があり、地方に固定するように分化しています。
このマイマイカブリは胸部が赤紫で上翅が緑色なので、キタマイマイカブリのようです。


マイマイカブリ現る

土で汚れているのでわかりにくいですが、アップで撮ると色が見えやすくなります。赤紫と緑、いずれも光沢があってきれいな昆虫です。

マイマイカブリはカタツムリの殻の中に頭を突っ込んでカタツムリを食べるので、その様子がカタツムリの殻をかぶっているように見え、マイマイカブリというそのままの名前になりました。
しかし、カタツムリだけ食べているわけでもなく、ミミズや昆虫のほか、カブトムシなどといっしょに樹液も吸っているらしいです。肉食系が強い雑食ということですな。

このキタマイマイカブリは発見時にかなり弱っており、一時的に保護してハチミツを薄めたものを飲ませましたが、残念ながら翌日には★になりました。
生まれて初めて見たマイマイカブリだったのでもう少しじっくり見たかったのですが、飼っているカタツムリをエサとしてあげることは到底無理なわけで、いずれにしろすぐ放す運命でした。
きれいな体をしているので、匂いを出さなくて完全草食ならカブクワレベルの飼育対象になっていたかもしれない昆虫なわけです。体長も4〜5cmぐらいあるので、迫力満点です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(9) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る