2012年09月29日
エンマコオロギ最終飼育個体数確定

成虫になる個体も出てきてオスメスの区別がついてきたので、最終的に飼い続ける個体を選別することにしました。


エンマコオロギ最終飼育個体数確定

まずは、木炭などを全部取り除いて捕獲しやすいようにします。数を数えたら、この時点で31匹でした。内訳は、オス24匹、メス5匹、不明2匹です。やはり、圧倒的にオスが多くなるようです。


エンマコオロギ最終飼育個体数確定

全31匹の中から10匹を選別。内訳は、オス5匹(成虫2匹、幼虫3匹)とメス5匹(成虫2匹、幼虫3匹)です。
羽根の生えているのが成虫、その中で産卵管がついているのがメスです。羽根の生えていないのが幼虫、その中で短い産卵管がついているのがメスです。さらにこれに採取していた野生のオス2匹を合流させて全12匹での飼育再スタートとなりました。
選別に漏れた個体は、庭に放しました。


エンマコオロギ最終飼育個体数確定

産卵床を複数置くことを前提に、飼育ケース内の配置を変更。左側の空きスペースに産卵床を置く予定です。
木炭とバークチップは今までのものを洗って再利用、砂は総入れ替えをしました。
前にヤシの実活性炭細粒を砂に混ぜ込んでいましたが、野菜を食べたときにする水分の多いフンにくっつき、よく活性炭を体につけながら歩いていました。重さが軽いのが原因です。そこで、今回からGEXのニュー活性炭の中身を小袋1袋分混ぜ込みました。
これはカタツムリの砂利の下やサワガニのろ過機の中にも使用しているもので、簡単に言うと炭を円柱状に固めたろ過材です。金魚などの水生生物を飼育する際の上部ろ過機などに使用されます。適度な重さがあるので、これでくっつかないと思います。


エンマコオロギ最終飼育個体数確定

斜め正面から見たところ。木炭の裏側やバークチップとの隙間に隠れながらの生活です。あまり隠れすぎると見えなくなるので、隙間は適度に狭くしています。鑑賞も観察に含まれますから(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(7) | エンマコオロギ〜2012年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る