2012年10月25日
今飼っている生き物とのコンタクトには会話を日常的に用いていますが、それぞれの呼び名はこんなかんじです。

・カタツムリ(アオモリマイマイ)→「カタちゃん」「カタぁー」
 親でも子でも全部共通。代々この呼び名できています。

・カタツムリ(パツラマイマイ)→「パッちゃん」
 これも親子関係なく共通。

・ムネアカオオアリ→「アリちゃん」
 なんでもちゃんをつければいいというものでもない。

・サワガニ→「カニちゃん」
 以下同文

・エンマコオロギ→「こぉーちゃん」
 オスでもメスでも全部共通。幼虫時代だけは「よーちゅーちゃん」のこともあった。

・自然界のアマガエル→「カエルちゃん」

・自然界のワラジムシ→「ワラちゃん」

・野原で虫を呼ぶ時→「虫ちゃ〜ん、写真撮るよ〜♪」

基本的に話しかけるときは「元気?」から始まります。帰るときは「帰るよー」と声をかけます。
ブログでもやっていなければ、本当にアブない人物だと思う次第。友好的な会話をすれば友好イオンがナノイーのように放出されると信じているので、もはや320年後の未来人レベルなわけです。いやはや、困った(^O^)


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(5) | カタツムリ〜2012年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。