2012年12月12日
カタツムリの恋矢を激写

老夫婦のアオモリマイマイの飼育ケースに霧吹きをしました。ふと筋無し母を見ると、右のほほのあたりに白い細いものが見えます。
なんと!恋矢(れんし)を5mmぐらい出しているではありませんかっ!恋矢とは、交尾のときに使う道具で、カルシウムでできています。
せっかくなので、ちょっと接写してみました。


カタツムリの恋矢を激写

カタツムリの恋矢を激写

カタツムリの恋矢を激写

カタツムリの恋矢を激写

カタツムリの恋矢を激写

いやはや、何を思って出しているのでしょうか。ちなみに、このときの夫婦の相手は膜を張って寝ていました。寝起きを襲うところなのでしょうか。つか、ご老体、いまだ元気なわけです。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(12) | カタツムリ〜2012年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。