2013年04月24日
花のあとのフクジュソウ

春に黄色い花を咲かせたフクジュソウは、今はこんな感じです。
ニンジンのような葉っぱを一気に大きくし、光合成をして根に栄養を貯めている段階なわけです
暑い夏が来ると今度は葉っぱを枯らして、土の上には何も無くなります。そしてまた春が来ると黄色い花を咲かせます。

フクジュソウの栽培で大事なことは、今この時期に光合成を十分にさせて根を太らせること。今貯めた養分で来年に花を咲かせるので、休眠前の腹ごしらえになります。
あと、夏以降に地上部は枯れますが、根っこが死なない程度の水やりは必須だと思います。これは凍てつく冬でも同様で、土がサラサラになるほど乾燥させた状態が長く続くと、さすがのフクジュソウも辛いでしょう。
冬に水やりをして土が凍ってしまっても大丈夫です。それで枯れたことはありませんでした。
乾燥に弱く寒さに強い、そんなフクジュソウの育成メモなわけです。
来年もまた黄色い花を咲かせて、春を知らせてくれよー(^O^)/


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。