2013年05月24日
老夫婦の息の合った産卵行動

アオモリマイマイの老夫婦ペアが、2匹同時に産卵行為を始めました。


老夫婦の息の合った産卵行動

間違いなく産卵するための穴を掘り、まさにこれから卵を産む態勢に入っています。

カタツムリは普通1匹ずつ個々に穴を掘って卵を産みますが、カタツムリを飼っていてこのような場面に遭遇したのは初めてであり、非常に興味深いシーンです。
これはどういう意味なのか、ちょっと推測してみます。

●推測1:1+1=3を狙った老体の知恵
カタツムリは穴を掘るのに丸一日ほどかかり、体力をかなり消耗します。老体であればそれは大変な行為です。
片方が産卵の穴を掘り始めたのを振動や匂いで気付き、たまたま産卵のタイミングであったもう片方の個体が同じ位置を掘り始めたのかもしれません。
同じ位置を掘ることによって時間も体力も1匹で掘る時よりは軽減され、産み落とされた卵も数多く固まることによって乾燥などの環境変化に耐えることができます。
老体になると一度に産む卵の数も少なくなり、卵の表面の粘液による卵同士の相互互助効果も少なくなるので、数多く固まっていたほうが都合がいいわけです。

●推測2:援助するという行為
片方が産卵のために穴を掘っているのをもう片方が気付き、穴掘りを援助しているのかもしれません。この場合、卵を産もうとしているのは1匹だけになります。
2匹で長く一緒にいるとお互いがペアであることを知り、普段の身の周りのことから子孫繁栄に至るまで協力するということは必ずしも無いとは言えないのではないかと思います。

■まとめ
いずれにしても、相手を少なくても"知り合い"と認識しており、偶然出会ったよそ者ではないと思っているはずです。何年も一緒にいれば相手に対する警戒心などはゼロに近いと思われ、むしろプラスのベクトルがはたらいて互いに利を得ようとするかもしれません。
"知り合い"という認識は匂いや味で判別していると思われますが、仮に多数の個体がいた場合にそれぞれを認識できるのかについてはわかりません。しかし、2匹だけの環境が長く続いている場合、認識のレベルがONかOFFかぐらいにまで単純化されているなら、それは難しいことではないのかもしれません。

■証明
産卵するのは両方なのか一方だけなのか、それを確認するためにビデオカメラを回しっぱなしにして撮影を実施します。
うまく撮ることができればいいのですが、産卵には24時間以上かかることもあり、その間定期的にメモリーをクリアしなければならないところがつらいところ。追って続報します。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | カタツムリ〜2013年 | 更新情報をチェックする
2013年05月24日
ヒマワリ定植

発芽したヒマワリを花壇に植えました。奥にひとつ、そのまた奥にひとつ見えます。
ヒマワリは終始元気な雰囲気を放つ植物なので、無ければ無いでなんとなく寂しいものです。
そうめんエダマメ高校野球、風鈴ヒグラシ庭のヒマワリ。日本の夏ですな。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2013年05月24日
本葉を伸ばすエダマメ

現在のエダマメの状況。左4つが本隊で右2つが予備隊です。1鉢に2苗の発芽を想定しているので、それが叶わない場合に予備隊の出番となります。最終的にはペアの4鉢がプランターに定植されます。


本葉を伸ばすエダマメ

双葉はどの苗も傷みが激しく、右上の苗は発芽の際に千切れてしまいました。
土は予備隊以外は種蒔き土100%なので、比較的粒子は細かいです。なのにこの傷。これは土のせいではないようです。

最初に硬い種を水につけて柔らかくしましたが、その際に水を吸った種が2倍近くまで大きくなりました。
こんなに大きさが変わるということは水を多く吸ったということですが、同時に柔らかくもなったはずであり、剛性的には弱くなったと思われます。
また、柔らかくなると同時に膨張による亀裂が発生したとすれば、この傷は膨張による自らの割れのようにも見えてきます。
発芽の際に土の中で上に向かって伸びるとき、子葉やその付け根がもろくなっていれば、土の中でとれてしまうことはありそうです。一部には子葉同士の癒着もあったので、かなりふやけていたのかもしれません。

このような現象がみられたということは、子葉にはあまり水を含ませてはいけないのではないかと思います。最初に水につけたことはNGだったのかもしれません。また、土についても蒔く前や蒔いた後の水分量を少なめにしたほうがいいかもです。湿っている程度の土で子葉を膨らませ、根が伸びるときにやや硬い状態の子葉が上にせり上がってくるようにすれば、しっかりした状態で地面に顔を出しそうです。

双葉(子葉)が傷だらけだからもう生きられないといったことではないですが、双葉から送られる養分は定量よりもかなり減るので、初期の生長への影響は大きいと思います。
そうなると本葉での光合成や緊急追肥で乗り切れるわけもなく、ましてや健康な株と同じレベルに追いつけるはずもなく、収穫を目指す野菜としてはだめということになります。

はてさて、エダマメ栽培でいきなり壁にぶち当たりました。なんとしてでも子葉が健康な状態で地上に顔を出すようにしなければならないということになります。
過湿はNGだが高温でないと発芽しないということは、真夏に湿らせた土に蒔いて一気に発芽させるような進め方がいいことになります。しかし、北国では真夏の後はすぐ秋が来て冬が来るので、実が膨らむころには気温も10℃を切っているかもしれません。

種はまだあるので、もう一度種蒔きからやり直そうかと思います。改善点は以下の通りです。
・事前に水に入れてふやかすことはしない
・深めのポットに蒔く
・土の水分量を減らすために水蒔き後のポットを一晩寝かせる
・パネルヒーターを使った温室で一気に発芽させる

温室等の準備が必要なので、種蒔きは今月中の予定。温室は前にニンジンの時に造った自家製温室を少し改造するか、類似品を簡易的に造って使う想定です。
いやはや、エダマメ栽培、非常にデリケートw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2013年 | 更新情報をチェックする
2013年05月23日
卵の中で動く赤ちゃんの40倍速動画

ここで産卵されたアオモリマイマイの卵が、まもなく4週間目を迎えます。アオモリマイマイの卵は今までの飼育観察上で通常4週間前後で孵化していたので、そろそろということになります。

さて、卵の様子はどうなっているのでしょうか。ビデオに撮って40倍速にしてみました。白っぽく見えるのは殻の内側を這う赤ちゃんの腹足、黒っぽく見えるのは目だま(大触角)です。
高画質にしてみると、まさにそのまま見えますw

posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(6) | カタツムリ〜2013年 | 更新情報をチェックする
2013年05月23日
ヤマブキの花びらを食べるヤブキリの幼虫

山吹色の名前で有名なヤマブキ。文字通り、山吹色の濃い黄色の花を咲かせます。


ヤマブキの花びらを食べるヤブキリの幼虫

よーく見ると、こんなバッタの幼虫が十数匹いました。ヤブキリの幼虫だと思います。黄色いものがくっついています。


ヤマブキの花びらを食べるヤブキリの幼虫

ヤマブキの花びらに食痕あり。花びらを食べているようです。ちなみに花粉も食べたりします。


ヤマブキの花びらを食べるヤブキリの幼虫

育ち盛りは食い盛り。近寄ってもあまり気にせずにひたすら食べています。


ヤマブキの花びらを食べるヤブキリの幼虫

花びらを食べた証拠になります。おなかの中にも食べたものが黄色く透けて見えています。
ちなみに、ヤブキリはそもそも肉食系に近い雑食性ですので、成虫になると他の昆虫を捕まえて食べます。上品に花びらを食べるのは幼虫の時だけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2013年05月23日
スイートバジル定植

ミニポットで育っていたスイートバジルを中型の鉢に定植しました。推奨サイズよりやや小さめの鉢ですが、この鉢で育っていただきます。


スイートバジル定植

2段目の本葉も顔を見せ、日光を浴びながら順調に生長中。すでにあたりはバジル香がプンプンしてますが、葉っぱの質感はサラダ菜のようです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2013年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。