2013年05月13日
エダマメをポットに蒔く

エダマメの栽培は初めてなので、慎重に実施。ポットに種蒔き土を3分の2ぐらい入れ、水を入れて湿らせます。その上に種を設置。種は"へそ"を下側にして根の初期部を中心に向けました。これで、他の種に邪魔をされずに土をよっこらしょと持ち上げて発芽できると思います。このあたりは想像の類なので信じないようにw


エダマメをポットに蒔く

種を設置した後に、土を2.5cmほどかぶせました。このあと霧吹きで土を再度湿らせ、底から出てきた水は全部吸い取りました。
ヒマワリもそうなのですが、子葉が大きい植物はあまり過湿にすると種の段階で腐敗することがあり、今回は過湿にならないようにしたいと思います。
発芽後は最終的には2株並立状態で育てます。そうすることにより、根粒菌との共生が促進されるようです。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2013年 | 更新情報をチェックする
2013年05月13日
ヒマワリやりなおし

花壇に蒔いたヒマワリが全く発芽せず、やはり気温がまだ低すぎたようです。そんなわけで、室内でのポット育苗を実施することとぁぃなりました。
ただ、ヒマワリのポット育苗は過去に何回かやりましたが、ヒマワリは直下に伸びる根の勢いがすさまじく、普通のポットでやるとすぐ根づまり気味になります。ただでさえ移植を嫌う植物ですので、そのまま地面に移植してもその後の生長がいまいちでした。
そこで今回は直下に伸びる根の育成を重要視し、深いポットにしたわけです。深いポットはなかなか無いもので、仕方がないのでビール用の紙コップを使うことにしました。深さ14cm、直径9cm。5個入り98円。まずまずです。


ヒマワリやりなおし

水抜き穴をキリで加工。このあたりの工作は楽しんでいます。


ヒマワリやりなおし

空気や水の出入口となる底部分の切り込みと側面の穴。不要な水は即刻排水できるようにしました。


ヒマワリやりなおし

かくして4個の種を蒔いた次第。室内に置くので今度は発芽するでしょう。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。