2013年05月19日
凛々子当選!栽培開始

「2013 凛々子 カゴメトマトの苗育ててくれてありがとうキャンペーン」に当選し、凛々子の苗が4本届きました。
凛々子は簡単に言うと、ジュースなどの加工用に品種改良された矮小性の小玉のトマトです。肉厚で栄養価が高いのが特長です。もちろん、生食もできます。


凛々子当選!栽培開始

おお、凛々子!しっかりしてくれっ!
北国までの長旅で疲れているようです。さっそく水をやって日光を浴びさせました。
4本あるので、2本はベランダ菜園の仲間入り、残る2本は地面の畑に定植の予定です。

苗はまだ10cmぐらいなので、開花はまだまだ先になります。確実に実を実らせ、籠目凛々子さんを堪能したいと思います。
カゴメさん、ありがとーございました。ベランダ菜園仲間のミニトマト、トウガラシ、はつか大根、エダマメとともに大切に育て、当ブログでもその後の経過を順次アップしていきます。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(2) | ベランダ菜園〜2013年 | 更新情報をチェックする
2013年05月19日
大人の樹、10本目達成

植林・植樹で有名なプログパーツのグリムスで、大人の樹10本目になりました。
中国から黄砂が飛んでくることが年々多くなっていますが、砂漠化が進む内モンゴル自治区にもグリムスの植林活動が行われているようです。
ここで育った9本の木は、すでに植林が終わっています。今回の10本目の木も地球のどこかでゆっくりゆっくり育っていくと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(0) | グリムス ブログパーツ | 更新情報をチェックする
2013年05月19日
体長2cmオオトビサシガメ

気温が暖かい日は、日光浴をする昆虫の姿をよく見ます。大きなカメムシも日光浴中でした。オオトビサシガメです。


体長2cmオオトビサシガメ

顔の下に格納した口を起こして獲物に刺し、体液を吸う肉食性のカメムシです。


体長2cmオオトビサシガメ

カメムシの体は昆虫の中でもすごく芸術的であり、出会うと必ず撮ります。
ちなみに、水に浮かんでいるカメムシはアメンボで、土の中に長くいるカメムシはセミですな。小さくて集まるのが好きなカメムシはアブラムシということになり、みんなカメムシ一族なわけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2013年05月19日
コバンソウ急生長

発芽したコバンソウがものすごい勢いで急生長しています。水を張ったらまさに水田。さすがはイネ科なわけです。


コバンソウ急生長

この幼苗の美きことよ。描写すべき言葉も無く、ただただ見入るばかりなのであります。
種蒔きの素晴らしいところは、この瞬間に出会うことができることです。細いの太いの丸いの、いろんな幼苗がありますが、細胞分裂の音が聞こえるかもしれないレベルで急速に大きくなっていく躍動感は、まさに生き物の凛々しさそのものなわけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。