2013年05月27日
ここで書いた老夫婦の産卵シーンですが、結局推測2が該当し、産んだのは筋有り個体でそれを介助したのが筋無し個体であることが動画よりわかりました。

その動画の前に概要について解説。
・右が産んだ筋有り、左が介助した筋無しです。
・介助した筋無しは産卵歴2回、今回産んだ筋有りは初産です。
・開始部と終了部以外は100倍速に加工しています。
・録画時間はおよそ18時間です。

さらに動きのもようを説明。
・筋無しはしきりに筋有りを口で刺激し、産卵を促します。
・筋無しが大触角で穴の深さを調べた結果、深すぎることに気づきます。
・そこで斜面の砂利を崩して穴の奥を浅くした後に最深部を整地します。
・筋無しは一旦去りますが再び現れ、刺激を繰り返します。
・産卵シーンでは、卵が体の中を降りてくるのが体の膨らみでわかります。

以上を踏まえると、そのようすがよくわかります。




【産卵動画】産んだのは筋有り個体

産んだのは36個。初産にしてはがんばったほうです。


【産卵動画】産んだのは筋有り個体

介助した筋無し個体。お礼に新しいニンジンをあげました。


【産卵動画】産んだのは筋有り個体

伸びると8cmぐらいありますが、疾走時ではあと1cmほど長くなります。
右下の水桶をよく利用しているのもこの筋無し個体で、移動のときに水桶を通過して体を浸して休んでいるのをよく見ます。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(6) | カタツムリ〜2013年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。