2013年06月19日
キュウリで脱皮するエンマコオロギの幼虫

エンマコオロギの幼虫にはニンジンをあげていましたが、水分が蒸発するのが早く、もっと長時間みずみずしくいられる野菜は無いものかとキュウリをあげてみました。
勢い的には、かなり食べます。よく見ると、何箇所か穴が貫通しているようです。


キュウリで脱皮するエンマコオロギの幼虫

緑色の皮の部分もかじって食べています。この程度の硬さであればかじれます。


キュウリで脱皮するエンマコオロギの幼虫

こっちは別ケースの幼虫群ですが、たくさん集まって食べているのかと思ったら、よくよく見るとかなりの数がキュウリにつかまって脱皮したようです。3段目には抜け殻がぶら下がっていますし、1段目の黒い集団の中にも抜け殻がかなり混じっています。また、右下では今まさに脱皮中です。下に落ちている黒いものは全部抜け殻です。

隠れ家兼脱皮場所として段ボール紙を入れていましたが、キュウリを入れた途端一気に集まって一気に脱皮しました。
段ボールとキュウリの大きな違いは、濡れているか濡れていないかです。もともと脱皮は湿度の高い時に行われることが多く、湿度は脱ぎやすさや脱いだ後の乾燥の防ぎ具合に都合がいいのかもしれません。
乾燥していたほうが皮がパリッと割れるので良さそうですが、しんなりとしていたほうが自由が利いて脱ぎやすいのかもしれません。

エンマコオロギはスズムシとは逆で乾燥環境を好む昆虫ですが、産卵場所だけは湿った土を選びます。
これと同じように、脱皮場所も湿った場所を好むのかもしれません。だとすれば、人工的に脱皮場所を作るとすれば、水を十分に吸った板やスポンジなどでも代用できるかもしれません。このあたりはおもしろそうなので、次ぐらいに実験的に投入してみます。

水飲み場や水を吸いこませたティッシュの上で脱皮する場面は、先代も先々代も何度も観察しています。好むということは安全だということであり、例えば皮が硬くて脱げなくて強引に脱いで触角を失ったのであるとすれば、こういう脱皮時の事故も減るかもしれません。
もちろんこれは単独事故に関してのことであり、上の写真のように脱皮場所が大混雑していればそれに伴う事故は発生するでしょう。なので、脱皮場所を作る場合は、表面積を大きくとることもポイントになると思います。

いやはや、キュウリのおかげでいろいろ考えさせられました。たまには野菜を変えてみるのもいいもんですな。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | エンマコオロギ〜2013年 | 更新情報をチェックする
2013年06月18日
東北北部が梅雨入り

気象庁は18日、東北、北陸地方が梅雨入りしたとみられると発表しました。飼育ケースの外の湿度も高く、カタツムリにとっては心地よい季節の到来です。


東北北部が梅雨入り

文字通り、のびのびとしているのであります。


東北北部が梅雨入り

愛嬌もわすれません。この個体は特に馴れている個体で、掃除のときに指に乗るのが好きです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(5) | カタツムリ〜2013年 | 更新情報をチェックする
2013年06月17日
エンマコオロギの脱皮

エンマコオロギの幼虫が脱皮し、脱いだ自分の皮を食べています。次の外骨格の材料となるわけです。


エンマコオロギの脱皮

基本的に脚を引っかけて脱皮するので、このようなボール紙を置くとここでも脱皮します。この2体は抜け殻です。


エンマコオロギの脱皮

脚が引っ掛かれば、どこでも脱皮します。つか、水飲み場だし(^^ゞ


エンマコオロギの脱皮

真ん中あたりにいる色の薄い個体が脱皮後の個体。その周りが脱皮前の個体。体が大きくなっています。


エンマコオロギの脱皮

砂糖に集まるアリではないので注意。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | エンマコオロギ〜2013年 | 更新情報をチェックする
2013年06月17日
ちいさなももこ、当選

なんと!カゴメの凛々子が当ったのもつかの間、ちいさなももこも届いちゃいました。
ダブル当選は想定に無かったので、今年はトマトの比較の勉強の年になりそうです。


ちいさなももこ、当選

おお、ももこが二人いる!葉っぱは元気そうですが鉢の土は完全に乾いていたので、急いで取り出して水をあげた次第。


ちいさなももこ、当選

暗闇の中から再び日差しの中へ。畑や鉢への植え替えも1週間以内ということなので、さっそく準備開始。


ちいさなももこ、当選

翌日には植え替え完了とぁぃなりました。

今回カゴメの懸賞で当たったふたつのミニトマトですが、凛々子のほうは太く短くたたずむ矮性で、脇芽も残しがちにする栽培方法です。一方、ももこのほうは、脇芽は早めに除去して伸ばすだけ伸ばして1本仕立てにする栽培方法です。そのため、支柱の外側の円周上をぐるんぐるん巻きつけるような誘引をするタイプになります。

ぐるんぐるん巻きつける方法は今まで経験が無かったので、今回経験させてもらいます。注意したいのは、誘引するときにポキッとしないこと。トマトの茎はけっこう簡単に折れてしまうので、できるだけ少しずつ誘引したいと思います。

今回のプランターは幅50cmぐらいの深型。凛々子のプランターとほぼ同じ大きさです。
元肥無配合の培養土が27リットル、そこに野菜用マイガーデンとカキ殻石灰を適量混ぜ込みました。
プランターの置き場所はベランダではありませんが、凛々子との比較の意味で"ももこ"もベランダ菜園のカテゴリーで書いていきます。
凛々子かわいいよ凛々子、ももこかわいいよももこ(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2013年 | 更新情報をチェックする
2013年06月17日
老夫婦に子ども誕生

GWごろにアオモリマイマイの老夫婦が意地の産卵をしたのですが、その卵が6週間後に孵化しました。
この老夫婦には孫がいますが、孫と同じ齢の子どもができたわけです。


老夫婦に子ども誕生

今日現在で4匹孵化しましたが、卵を見るとまだ孵化しそうな気配です。
アオモリマイマイの場合、今までは4週間ぐらいで孵化していましたが、たまに今回のように時間がかかることがあります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | カタツムリ〜2013年 | 更新情報をチェックする
2013年06月16日
産卵後のサワガニ

卵を産み落としたサワガニですが、孵化の可能性はゼロなので水が汚れる前に水槽内を掃除しました。その際、中の構造物を再びシンプルにしました。


産卵後のサワガニ

おつかれさまのサワガニ。


産卵後のサワガニ

前回の産卵後も水から出ていることが多かったのですが、今回もかなり長く水から出ています。
水から出る、水に入る、このふたつを自由に選べる状況で水から出ているので、特に心配はしていません。
というのも、いつもは水から出ている時に人が近づくと警戒して水中に逃げますが、今回は頑固に水の外に留まります。それなりの理由があって出ている気配なので、ここは信じたいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | サワガニ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。