2013年06月21日
野生のパツラマイマイを確保

鉢植えの甘夏の草取りをしていたら、何やらよく見ている物体を発見。


野生のパツラマイマイを確保

おお、パツラマイマイじゃないですか!まだ大人になっていない個体のようです。


野生のパツラマイマイを確保

ベランダの鉢の上にいても寿命が短そうなので確保。平べったい殻にギザギザも見えるので、パツラマイマイだと思います。


野生のパツラマイマイを確保

黒い1本の線は、殻の模様ではなく透けている内蔵です。


野生のパツラマイマイを確保

殻の直径は約4mm。もうすぐ大人です。


野生のパツラマイマイを確保

ひとまず、飼育中のパツラマイマイのケースで休んでもらうことにしました。
そこらに放してもアレなので、このまま飼うかもしれません。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | カタツムリ〜2013年 | 更新情報をチェックする
2013年06月21日
前にユスラウメにアブラムシが大発生した件をここで書きましたが、デンプン由来の殺虫剤でやっても増える勢いに追いつかなかったので、根っこから吸わせるオルトラン粒剤を使ってみました。


ユスラウメのアブラムシ退散

5日後。白く見えるアブラムシは抜け殻です。白く見えないアブラムシは、また生きているアブラムシ。
前はぎっしりついていましたが、数匹の生存を残して壊滅状態になりました。


ユスラウメのアブラムシ退散

ここらにもぎっしりいましたが、みんなどこに行ったのでしょう。


ユスラウメのアブラムシ退散

下に敷いている砂利の上にいました。歩いているのもいましたが、大部分は死んでいました。
亡骸は石の隙間に入ったり風に飛ばされたりで、全数は見えませんでした。

殺虫剤は本来はできるだけ使いたくなく、どうしてもというときでも食品由来の原料で作られた窒息系の殺虫剤を使っていました。アブラムシでさえ、少々の発生には目をつぶってきました。
しかし、今回は若枝の先端に大発生し、樹液を吸われて若枝の葉っぱが萎れる現象もあり、こりゃやばいと思って強行した次第。
それでも霧吹きなどで噴霧するタイプだけは使いたくなく、周りの植物に影響のない粒状の撒くタイプをその樹木だけに使用しました。

とりあえず効果が出たので、今後は撒きません。また大発生したら撒くかもしれませんが、少なくても定期的な使用はしないつもりです。
今回もしかしたら生まれて初めて植物に殺虫剤を使ったかも。今まではテデプッチンかテデトールでしたから。トッテカウもありましたw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | ユスラウメ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。