2013年07月27日
黒っぽいセマダラコガネ

セマダラコガネはナミテントウのように個体差が大きい昆虫ですが、この個体はかなり黒っぽいセマダラコガネになります。


黒っぽいセマダラコガネ

右脚を上げて威嚇中。もっと怒ると両後ろ脚を上げます。


黒っぽいセマダラコガネ

梅雨時に多く見られ、梅雨で生い茂った葉っぱをもりもり食べるコガネムシです。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2013年07月27日
プランターにキノコバエ大発生

これはミニトマトを植えているプランターですが、キノコが生えるほど雨が多い季節というわけでコバエが大発生しています。
これはキノコバエと呼ばれる昆虫で、普通に水やりをしているプランターや鉢の土から発生します。
カタツムリの飼育ケースに入れた枯れ葉や室内に置いている観葉植物の鉢の土から発生することもあります。


プランターにキノコバエ大発生

とにかく小さいので、普通は肉眼で体の形は見えません。羽根を素早く広げてすぐ畳みながら飛んだり止まったりを早いピッチで繰り返すのが特徴で、止まっているときはアリのようにすばやく歩いたりします。


プランターにキノコバエ大発生

これは、左側の羽根が委縮した羽化不全の個体か、羽化直後で羽根を伸ばしている状態の個体だと思います。
キノコバエは刺したり毒があったりすることはないですが、明るい色のものや温かいものに寄り添ってくる性質があるので、やたらと人にもくっついてきます。
皮膚にくっつくだけならいいのですが、歩かれるとくすぐったいので不快なのであります。また、呼吸中に口や鼻から入ることもあるので、できればいなくなってほしいわけです。
キノコバエはプランターや鉢などの栄養のある土に産卵しますが、孵化した幼虫も土の中で過ごします。土を掘ったときに頭が黒くて体が透明な2mmぐらいの幼虫がいることがありますが、髪の毛ほどの太さなので気がつかないことが多いです。
まあベランダ菜園の野菜に重大な悪影響があるわけでもないので、放置しています。室内で大発生したら駆除対象にはなります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | ベランダ菜園〜2013年 | 更新情報をチェックする
2013年07月27日
実がなり熟すベランダ菜園

ベランダ菜園のミニトマトが色づき始めました。色づいているのは下のほうの第1花房ですが、第2花房も色づき始めています。


実がなり熟すベランダ菜園

2本植えている別のほうも色が付き始めています。完熟までじっくり待てるのが家庭菜園のいいところ。間もなく収穫の季節になりそうです。


実がなり熟すベランダ菜園

落花が続いていたトウガラシも、ようやく実が膨らみ始めました。落花はまだ収まっていませんが、数はかなり減ってきています。


実がなり熟すベランダ菜園

こっちも順調。いい感じです。


実がなり熟すベランダ菜園

この段階で落ちたこともありますが、今は落ちなくなりました。


実がなり熟すベランダ菜園

エダマメも花のあとに鞘ができています。なんとか折り返し地点まで来たようです。
水不足や栄養不足で豆が太らなかった話はよく聞くので、エダマメの好きなエンマコオロギのためにも気を抜かずに頑張りたいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2013年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。