2013年07月28日
今年もウリハムシモドキの季節

ややっ!何者かがシソの葉っぱを食べているようです。ヨトウかハバチの幼虫かウリハムシモドキあたりが犯人です。


今年もウリハムシモドキの季節

出た!ウリハムシモドキ。すでにあちらこちらで姿を見るので、羽化の季節のようです。


今年もウリハムシモドキの季節

この時期は枯れ葉はないので、黄色い体はけっこう目立ちます。


今年もウリハムシモドキの季節

そのうち交尾するペアや腹部を膨らませたメスを何度も見ると思います。


今年もウリハムシモドキの季節

表情やしぐさはかわいいのですが、食欲ありすぎな昆虫なので害虫として有名です。
マメ科が主食ですが、他の植物もけっこう食べるので注意なわけです。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2013年07月28日
救済イチゴが子孫を増やす

ピンクの花を咲かせる救済イチゴですが、子株孫株ひ孫株まで土に固定しました。
ひ孫株からもランナーが伸びてひひ孫株もできる状況ですが、今回は四角いミニプランターに4株確保して、それぞれの7株を育てる想定です。

親株は鉢に植え替えてから一時的に葉を伸ばしましたが、その後は実を作ったりランナーを伸ばしたりして子孫を増やす方に栄養を使いました。
子株にもずっと栄養を送っていた親株は、自らに新しい葉を出すこともなく、今持つ葉も大きくすることはありません。代の役割を終えて静かに生きる親株なのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2013年07月28日
キャベツ&ブロッコリー栽培開始

ベランダ菜園にキャベツとブロッコリーが間もなく仲間入りします。
これは自分なりにものすごく大きな決断なのですが、今まで何度もやろうと決めてやっていませんでした。
その理由としては、まずでかい。半径50cmは確実に占有されますので、置き場所を十分に吟味しなければなりません。次に害虫対策。必死の形相で突撃してくるモンシロチョウを相手に、どうやって防衛するかです。
さらに追肥の回数。アブラナ科界の食いしん坊なので、とにかく肥料を切らさないように管理しなければなりません。さらにさらに病弱である。ちょっと何かを間違うとすぐ腐っていくので、気が抜けません。

そんなわけで今までためらっていたキャベツとブロッコリーの栽培、共に1苗ずつのスタートでまさにバクチなのですが、失敗覚悟で間もなく植え替えます。何をどうすれば失敗するのか、その資料にでもしていただければと思いますw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | ベランダ菜園〜2013年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。