2013年08月12日
カタツムリの水浴び

砂利に容器を埋め込んで飲料用に水を入れていますが、室温が高い日には殻を水につけて休んでいる姿をよく見ます。
初めて見たときは殻が偶然水につかっているのかなと思っていましたが、何回も同じ情景を観察していますので、これは故意に自らこうしている可能性が非常に大きいのであります。

また、水分補給をしたいときは、呼吸孔を水につけない状態で水中を這いながら口を動かして水を飲んでいる姿も観察できます。
こういった水を入れた容器を設置し始めたのは去年あたりからですが、ブログのコメント欄で設置しているという書き込みがあったのがきっかけです。
いろいろ観察してみると、確かに飲んだり浴びたりするのは普通に事実。カタツムリ飼育には水たまりが必要と言ってもいいのではないかと思います。
唯一注意することは、万一底を這ったときに空気孔が水没しない程度の水深を保つことになると思います。
空気孔の高さは個体の大きさによって違うので、それぞれの大きさに合わせます。
ちなみに、殻の直径が4cm前後のアオモリマイマイの場合、水深は5mm程度としています。1cmでも大丈夫なのですが、少し余裕を持たせています。

自然界では、多くのカタツムリは夏に夏眠をします。膜を張って涼しくなるのを長期間待つわけです。
しかし、室内飼育の場合はエアコンなどで暑さが和らいでいるので、全く夏眠をしないか、うとうと程度の軽い眠りをすることが多いようです。
いずれにしても、正しい結論のヒントはいつも目の前にありますので、やはり観察は飼育の基本だと思うのであります。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(6) | カタツムリ〜2013年 | 更新情報をチェックする
2013年08月12日
ヒマワリ開花

テレビで「夏」を1万回聞くよりも、庭のヒマワリを1回見た方が夏を感じます。
日が昇ったら起きて日が沈んだら寝る、そんな生活は無理ですが、ヒマワリを見て夏を感じる感性は大切にしていきたいものです。


ヒマワリ開花

夏という季節は単純な季節なので、昔の記憶がよみがえりやすいのであります。
そんなわけで「少年時代」はやはり名曲だなと思う次第。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2013年08月12日
色づくももこ(*´д`)、太るトウガラシ(*゚∀゚)

ぐるぐる巻きの1本仕立てで育てているミニトマトのちいさなももこが赤くなリ始めました。
食べたことの無いブランド品種なので、味をみるのが楽しみです。


色づくももこ(*´д`)、太るトウガラシ(*゚∀゚)

トウガラシもわっさわっさと実りだし、日々生長中。エダマメ同様、水切れ厳禁なので、これからの季節は朝だけでなく夕方にも水やりをするかもしれません。


色づくももこ(*´д`)、太るトウガラシ(*゚∀゚)

結実したブルーベリーも色づき始めました。5〜6個程度の収穫となりそうですが、初めてできた実なので楽しみです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2013年 | 更新情報をチェックする
2013年08月12日
サナギになりそうなヨトウムシ

ここで確保したヨトウムシですが、5cmぐらいあった体長も3cmぐらいに短くなり、どうやらサナギになる気配です。
確保時はニンジンやリンゴをあげましたが少ししか食べなかったので、採取場で食べていたミニトマトの青実をあげました。
ところがこれも食べず、体がどんどん小さくなっていき、まさに蛹化直前の状況だったというわけです。
今日の段階ではまだ腹足でゆっくりと歩けますが、体の色や模様が刻々と変化しており、数日後にはサナギになると思われます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | ヨトウムシ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。