2013年08月25日
ハバチの幼虫

庭のバラの葉っぱにいたのは、ハバチの幼虫。チョウや蛾の幼虫と同じように、葉っぱを食べて育ちます。
単眼が2個あり、非常に愛嬌のある顔をしています。


ハバチの幼虫

そのため、物を見ているという様子が人間に伝わりやすく、人気者でもあるわけです。


ハバチの幼虫

腹脚の数が多いのもハバチの幼虫の特徴。チョウや蛾の幼虫は一般に腹脚は4対ですが、ハバチの幼虫は5〜7対ぐらいです。


ハバチの幼虫

食欲はかなり強い方で、大量発生した場合は葉っぱが無くなるほどです。今回は数匹程度しか確認できなかったので、このまま放置しました。人間は農薬とは違うので手加減ができるのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(6) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2013年08月25日
子株親株元気なり

ランナーの先の株を独立させ、その後も順調に育っています。自らもランナーを出している株もあります。


子株親株元気なり

もともとの親株は、プランターに移植して外に置いています。老後は大人しくしていただこうと思いきや、まだまだランナーを出して元気です。


子株親株元気なり

花も咲かせていますが、実をつけようと必死になっている花ではなく、スローライフな花に見えます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ワイルドストロベリー | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る