2013年09月02日
ミニトマト収穫8回目56個

ミニトマトもいよいよ終盤となり、ついていた実が一気に赤くなりました。例のごとく、熟すのを待って収穫とぁぃなりました。実の大きさは3cm弱、味は濃厚な味で変わりまりません。
終盤に差し掛かると味が落ちてくる傾向がありますが、週に1回の液肥による追肥を続けているせいか味が維持されているようです。
…というのも、家族が畑で栽培しているミニトマト(同品種)の味が収穫初期から悪いわけです。状況を訊いてみると、移植前に化成肥料をパラパラ撒いて以来、追肥は一切やっていないそうです。
実の違いとしては、畑のミニトマトは果肉が薄くてゼリーが多め、味は甘みがかなり少なくて酸味が強いかんじでした。日当たりは同等でしたので、やはり実を作る過程での栄養不足が実のつくりや味を変えたのだと思います。

ミニトマト栽培は家庭菜園の内では比較的簡単な方ですが、味まで追求するとなるとやはり手間暇かけた方がいいようです。
週1回の液肥追肥、はじめは正直めんどくさいのですが、一度甘い実を味わってからはこの味を維持しようとしてめんどくさくなくなります。そして収穫終盤までこの味が維持されることを知ってからは、来年もまた必ず追肥はやろうと心に決めた秋の午後なのでありました。

84個(8/7)21個(8/10)28個(8/12)35個(8/16)33個(8/19)20個(8/21)35個(8/26)+56個(9/1)=312個


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(7) | ベランダ菜園〜2013年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。