2013年09月08日
夜の庭の虫たちの鳴き声と動画

今年は数十匹のエンマコオロギの幼虫を庭に放しました。その中にはすでに成虫になった個体もいて、庭に定住した複数のオスがしきりに鳴いています。
メスも時々みかけるので、けっこう定住しているかもしれません。

今回撮影した動画は、夜の庭にいた虫を気ままに撮っています。聞こえてくるエンマコオロギの鳴き声は、定住している個体のものです。



posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(3) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2013年09月08日
部屋にナガメ乱入

普段なら「赤と黒で渋い次第」とか言いながら終わるのですが、今回はちょっと状況が違います。
ベランダの戸を開けたら室内にブ〜ンと飛んで入ってきたわけですが、このナガメは漢字で書くと菜亀であり、つまりアブラナ科が大好きなカメムシなのであります。
ベランダの戸を開けたら入ってきたナガメ。今ベランダではキャベツ&ブロッコリーを栽培中です。この臭いにひかれてベランダまで飛んできた可能性が大です。
今回は猶予ということで室内からベランダに放しましたが、再度ベランダ内で発見した時は庭まで遠征して放さなければなりません。まあ、種子の採取目的で栽培中の葉大根に放す予定なので、そこに定住してくれればいいのですが。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2013年09月08日
エダマメ収穫後のプランターを再生中

収穫を終えたエダマメのプランター。植物は昆虫のように春に芽を出して秋に収穫するようなイメージですが、実際は春蒔き夏蒔き秋蒔きのように実に様々な育て方があり、それに合った品種も存在します。
今回のエダマメは春に蒔いて晩夏に収穫するパターンでしたが、秋以降も栽培できる野菜があるので、プランターの土を一度全部出しました。
…と言っても、写真は出した土のほとんどをふるいにかけ終えた状態のものです。ふるいにかけ終えた土はタライに入っています。


エダマメ収穫後のプランターを再生中

ふるいと言っても、これは100均の整理棚。目の大きさは1cm弱です。
根っこを取って土をほぐすのが目的なので、これぐらいの大きさがちょうどいい感じです。


エダマメ収穫後のプランターを再生中

左が9株分の根っこ。右がふるいにかかった根っこ。これらの古い根っこはぜひ取り除いておきたいわけです。

土の方は、ビニール袋に入れて直射日光1週間で殺菌してから広げて干してうんぬんありますが、そんなことをしていると北国では冬になってしまうので、殺菌と干しは省きます。
土には苦土石灰やカキ殻石灰、元肥を追加して環境を整え、これから秋蒔き野菜を育てようと思います。
何を植えるかはまだ検討中ですが、寒さに強い葉モノ系を考えています。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | ベランダ菜園〜2013年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。