2013年09月17日
ますます赤くなるトウガラシ

自分が見たかった風景にかなり近づきました。この大きさでこの形の赤いものが緑の中に存在する様子、これは自分の中ではオブジェでありアートに属します。安らぎでもなく癒しでもない、かといって殺気でもない、強いて言えば岡本太郎に近いものを自分は感じます。


ますます赤くなるトウガラシ

「何だ、これはっ!」と言われてもトウガラシなのですが、これが仮にトウガラシでないとすれば「何だ、これはっ!」なのであります。
概念を壊せばそこに新しい息吹が生まれ、そしてそれは見たことない光を放って輝くのであります。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(5) | ベランダ菜園〜2013年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。