2013年10月23日
まだまだ元気なカタツムリ

体も軽くなってきた老夫婦ですが、キャベツ育ちにとってはニンジンはごちそうなので、目だまを下げて歓喜の食事となっております。
空気の乾燥には敏感で、乾燥してくると飼っているカタツムリの中ではいちばんに膜を張って休み出します。起きるのも遅めですが、こうして自己防御ができているうちはまだ安心なのであります。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | カタツムリ〜2013年 | 更新情報をチェックする
2013年10月21日
筋無し4兄弟のカタツムリ

特に事件も何もない筋無し4兄弟ですが、今が成長期で殻の大きさがどんどん大きくなってきています。
この4兄弟は寿命まで4兄弟だけで暮らしてもらう想定です。
このくらいの数でも相手を個別認識していると思われ、それならばいっしょに暮らすのがいいだろうと思ったわけです。
今はミニミニ飼育ケースですが、もう少し大きくなったら中型飼育ケースへの引っ越しを考えています。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(6) | カタツムリ〜2013年 | 更新情報をチェックする
2013年10月20日
キャベツ&ブロッコリーのその後

収穫後のブロッコリー。大きな葉っぱは数枚を除いてすべて枯れ落ち、見えているほとんどの葉っぱは脇芽の葉っぱです。
葉っぱを味噌汁に入れて食べるなら収穫は今、脇芽のつぼみを期待するならこのまま放置。選択は後者です。


キャベツ&ブロッコリーのその後

キャベツも放置しておいたら脇芽を出してきました。カタツムリのえさになるかもしれないので、このまま放置します。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | ベランダ菜園〜2013年 | 更新情報をチェックする
2013年10月19日
老化が始まるエンマコオロギ

エンマコオロギの老化はいろいろな部位が欠損していきますが、その始まりは触角であることが多いです。
まあこれは化学的な老化以外にも物理的な欠損も含みますが、長く生きた証しでもあるわけです。


老化が始まるエンマコオロギ

オスよりは比較的触角を傷めないメスも、欠損した個体が出てきています。
産卵管の先を傷めている個体も数匹いるので、かなり産卵をしているようです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(6) | エンマコオロギ〜2013年 | 更新情報をチェックする
2013年10月18日
5匹になったムネアカオオアリ

久々のアリ報告になりますが、老いた個体からしだいに★になり、現在5匹となりました。
★になった体を見ると腹部がみんな膨らんでいません。老いた体型がそうなのか、食べることをやめたからそうなのかは不明ですが、腹部を見ているとこの個体はそろそろかなと思うようになりました。
寿命はわかりませんが、老いた順から★になる時を迎えています。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | ムネアカオオアリ | 更新情報をチェックする
2013年10月18日
育つシュンギク

葉っぱをどんどん出して順調に育つシュンギク。竹ぐしは倒れないようにするためのものです。
本来であれば土寄せをするところなのですが、まだやっていないので簡易的かつ一時的に竹ぐしで支えています。頭でっかちなので、非常に倒れやすい状況。肉厚な葉っぱを大きく広げるので上のほうが重くなるわけです。


育つシュンギク

いまのところアブラムシもつかずに生長中。このまま簡単な栽培状況で推移するのなら、空いているプランターで追加栽培するかもしれません。ホウレンソウも候補です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | ベランダ菜園〜2013年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。