2013年12月22日
パツラマイマイが産卵!

パツラにもサツマイモをあげましょうと飼育ケースの中を掃除しようとしたら、左上に丸いものを発見。久々なので驚きましたが、この季節に産卵です。
飼育中なのは大人1匹と子ども1匹の合計2匹。産んだのは大人の個体に違いありません。ちなみにこの個体は単独受精の親が産んだ卵から生まれた個体です。今その子どもがまた単独受精の産卵というわけです。
単独受精は遺伝子の混じりが無いので、いうなれば分身が生まれてくることだと思います。今回の卵がもし孵化すれば、代を超えた分身が再び現れるということになります。


パツラマイマイが産卵!

飼育ケースの裏側から撮ってみました。産んだのは7個。大きさは直径1mmぐらいです。


パツラマイマイが産卵!

孵化することを想定し、別の専用ケースに全数移動。湿らせたキッチンペーパーを入れたふた付きの箱です。
温度や湿度が安定して菌の侵入もいくらか抑えられるので、卵はいつも移しています。
ただ、平均気温が低いので、孵化するかどうかはわかりません。


パツラマイマイが産卵!

2匹で暮らすパツラマイマイにもサツマイモをあげました。どちらかというと土に近い空間を住みかとするカタツムリですので、土の中のものは好きそうです。
もしかしたら産卵が続く可能性もあるので、カットルボーンも新しいものに交換しました。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | カタツムリ〜2013年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。