2014年05月24日
ヤブキリの幼虫参上

今の季節は野原に行くとバッタ系の幼虫がピョンコピョンコ跳ねています。
葉の上で日光浴中だったところ、カメラが近づいて少々驚いているヤブキリの幼虫です。


ヤブキリの幼虫参上

柔らかい葉っぱや花びらを食べて、どんどん大きくなる春なのであります。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2014年05月24日
巣にゴミをつけるゴミグモ

よくゴミが縦についたようなクモの巣を見ることがありますが、ゴミグモの巣です。
しかし、クモの姿は見えません。確かにいるのですが、見えないのであります。でもいるんです。


巣にゴミをつけるゴミグモ

こう撮らないとクモが見えません。下向きに止まっています。
肉眼で見つけ出すのは至難の業。なんせさわっても動かず、完全にゴミと一体化した擬態をします。
このクモ、よく見ると非常に変わった形をしていて、腹部がデコボコしているように見えます。
これは突起がついているので、3次元的にデコボコした腹部になっています。


巣にゴミをつけるゴミグモ

これだと体の形が少しわかりやすく写っています。
ゴミの中に溶け込むよう、ありきたりの形は嫌だったんでしょうな。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2014年05月24日
筋あり筋なし2母カタツムリ

同じアオモリマイマイでも殻の色や筋の濃さにこれだけ個体差が生じます。これは突然変異とは違い、一定の割合で代々生まれてきます。


筋あり筋なし2母カタツムリ

過去の飼育観察上、この色の薄い「筋なし個体」には一言で言うと個性が強いような気質があるように思います。あくまでも飼育環境での感想ですが。


筋あり筋なし2母カタツムリ

体は伸びると10cmぐらいになり、立派な大人になりました。殻の直径は4cmほどです。
今年もこの2匹で交尾&産卵が予想されるので、筋なし個体の孵化割合などにも注意しながら観察したいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | カタツムリ〜2014年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。