2014年06月20日
ウスカワマイマイを臨時確保

小雨降る中、庭の通路に出てきて踏まれそうになっていたウスカワマイマイ2匹を確保。
夜だったので、次の雨降りの日にでも放そうかと思います。



ウスカワマイマイを臨時確保

茶と黒ですな。殻の直径は1cm弱。青年期と思われます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | カタツムリ〜2014年 | 更新情報をチェックする
2014年06月20日
コオロギの脱皮と湿度

今までエンマコオロギを飼ってきてわかったことは、脱皮は湿度の高い時に行われるということです。
写真は、水を含んだ硬質スポンジの上で脱皮したエンマコオロギの幼虫です。キュウリやナスをあげると好んでそこで脱皮をするので、抜け殻がたくさんついている様子が観察されます。
これは飼育ケースの全域が乾燥状態に保たれているため、湿度の高い場所を求めた結果だと思われ、産卵床で産卵する現象と同じ理由です。
また、湿度の高い日でケース内の湿度が高まったときも脱皮に出くわすことが多くあったような気もします。

脱皮は足を引っかけて体を固定しながら皮を脱ぐ行動なので、足の引っかかりが良い場所で行われます。
以前、脱皮場所としてボール紙を設置したことがありましたが、あまり利用されませんでした。これは、足は引っかかるにしても湿度が足りなかったのが原因かもしれません。
上の写真は水飲み場として置いたものですが、これとほぼ同じもので大きなものを脱皮場所として置くことも考えています。
一定の広さの中での多数飼いの難題のひとつが脱皮不全や羽化不全。今年はこれの緩和を試してみたいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | エンマコオロギ〜2014年 | 更新情報をチェックする
2014年06月20日
赤紫蘇に食痕発見

半日蔭で順調に育つ赤紫蘇。柔らかくて大きな葉っぱになり、脇芽もどんどん出てきています。
もう少し大きくなったら、先端を摘心して脇芽をさらに大きくする予定です。


赤紫蘇に食痕発見

大きな葉っぱをめくって奥の方を見てみると、食痕を発見。這った跡が無いのでナメクジ&カタツムリ系ではないようです。小さな食痕でしたが、5〜6箇所ありました。
葉の裏も含めて周りをくまなく探しましたが、犯人は見つからず。幼虫ではなくて行動範囲の広い成虫のしわざかもしれません。


赤紫蘇に食痕発見

そんな中、隣に置いている鉢の葉っぱに触角2本を発見。


赤紫蘇に食痕発見

ゾウムシです。ただ、現行犯ではないのでこのゾウムシが食べたとは断言できない状況です。


赤紫蘇に食痕発見

普通のゾウムシよりも鼻先が短く感じます。
調べてみたら、キンケクチブトゾウムシのようです。幼虫は根を食べて成虫は葉を食べるという意味では容疑者になりますので、今度赤紫蘇の葉っぱの上で見つけたら正式に逮捕状を出したいと思います。とりあえず今回は泳がせます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | ベランダ菜園〜2014年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る