2014年07月15日
女王アリの巣作り

腹部が膨れた大きなアリを発見。結婚飛行の後に地上に降り立って羽根を切り落とした女王アリです。
筋肉がたくさん入っていそうな大きな胸部、卵のもとがいっぱいつまって膨らんでいる大きな腹部、これが女王アリの特徴です。種類によっては一部例外もいますが。


女王アリの巣作り

別の穴に入っていきました。こっちが巣作りの現場のようです。胸部には羽根を切り落とした跡が見えます。


女王アリの巣作り

土の塊をくわえて出てきました。やはり、巣作りの最中のようです。


女王アリの巣作り

これも土の塊をくわえているところです。
何千匹何万匹のアリの巣も、初めはたった1匹の女王アリの巣作りから始まります。
やがて女王アリは巣の中で卵を産み、生まれてきた幼虫に自分の筋肉を溶かした特製ドリンクを飲ませます。やがてサナギになり、初めての働きアリが生まれると、ここからは育児は働きアリに完全にまかせるようになり、自分はもっぱら産卵だけをするようになります。
働きアリは、生まれて間もなく妹たちの育児をするわけで、よく観察していると育児の上手い下手がわかったりして面白いのであります。
ちなみに働きアリが増えてくると、はじめのほうに生まれたベテランの働きアリは若い働きアリに育児をまかせるようになり、自分は今度は巣の管理や警備、外界でのえささがしをするようになります。普段地上で目にするアリは、育児経験もしてきた熟女というわけですなw
ちなみにクロヤマアリの話であり、膨大な種類がいるアリの全部がそうということではありません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2014年07月15日
そばの実できはじめ

背丈を1m以上も伸ばし、支柱やヒモで支えつつのソバの栽培ですが、まだまだ白い花をいっぱい咲かせています。


そばの実できはじめ

早い時期に咲いた花では、すでに種がなり始めています。これがソバの実です。
ひとつの花に1個できますが、花の大きさの割には大きな種だと思う次第。
タグ:そば ソバ
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る