2014年10月21日
葉を舐めるクロスズメバチ

スズメバチと言えば大きくて黄色いイメージがありますが、体長1cmちょっとの黒いスズメバチもいます。
クロスズメバチは土の中に巣を作るスズメバチで、毎年けっこう刺された記事が新聞にも載ります。


葉を舐めるクロスズメバチ

横から見ると、顔つきは完全にスズメバチ。キイロスズメバチほど凶暴ではないですが、巣を壊されたりするとさすがに襲ってきます。


葉を舐めるクロスズメバチ

このクロスズメバチが何でここにいるのかというと、葉っぱを舐めているのであります。
ここでハナアブが舐めていたのも同じ葉で、ここでセグロアシナガバチが舐めていたカエデの木は今回の葉に隣接しています。


葉を舐めるクロスズメバチ

葉はどことなくつやつやしており、少しだけべたつきがあります。近くで見ると、葉の表面から液体を滲ませているのがわかります。これを舐めていたわけです。
この葉は真っ赤で甘い実をつけるビックリグミという木の葉です。今の樹高はまだ1mぐらいですが、この葉っぱにはキンバエ系やヒラタアブ系や見たことの無いような小さなハチも多数集まってきており、花の蜜と同レベルの甘い液体だと思われます。

花も少なくなったこの時期に葉から甘い液体を出すと、花の蜜を頼っていたハナアブ達が集まります。
もしこれが自らの周辺に受粉のための生き物の生態系を作っている誘引行為だとすれば、まさにしてやったり。食べ物の少ないこの季節に毎年甘い蜜と日光浴場を提供しますよーと言えば、そんじゃここらに住んでみようかなと思うハナアブもいるかもしれません。ただ、そんじゃここらの地面に巣でも作ろうかなとクロスズメバチが思うのは勘弁。葉を食べる幼虫の数は減りそうですが、なんせ危険すぎる次第。

しかし、無防備でされるがままにされる弱い生き物を、人間は攻撃されないことをいいことに何でもやりたい放題です。
人間は高度な社会を築いているので、何かあったら動く警察組織を社会の中に持っています。もし警察組織が無いとすれば、何らかの自己防衛手段を持たないと生き残れないでしょう。
このクロスズメバチにとっては、毒針は警察組織のようなもの。自己防衛手段であったり食糧取得ツールでもあります。
毒針で刺すスズメバチもそれなりの理由があるわけで、しかもその理由は自分たちの命が危険にさらされるという大変深刻な状況から生まれるものが多いです。
血を吸う蚊も同様。健康な卵を作るためにちょっと栄養がほしいのであります。

これらは、なんだかんだ人間にとって危険であり迷惑です。しかし、悪ではありません。
人間も生き物を飼って乳をもらったり、殺して肉を食べたりしています。これも悪ではありません。
それぞれがその知能や生態の中で見つけた生きる策なんだと思うのであります。それらは時に衝突します。その衝突で命を奪われることもあります。しかし、それは地球自身の「生態」でもあるのかもしれません。

できるだけ注意を払い、相手が攻撃されたと思わないようにすることは重要だと思います。それには相手の生態も少しだけ知っておくのもいいかもしれません。
振動や風圧だけで命が危険と判断する生き物もいるかもしれません。色や匂いでそう思う者もいるでしょう。
それらの状況を回避するアイテムには、楯や矛の他に知識もあると思います。人間がもっと多くの知識を持つようになれば、昆虫との間に生まれる争いも減るかもしれません。

空であったり陸であったり海であったり、生き物はそれぞれに生きています。誰が偉いとか正しいとかではなく、みんなそれぞれが互いに接点をもちながらこの星で生きています。
兄弟と言えば語弊がありますが、友だちと言っても語弊があるかもしれません。まあ、地球の運命共同体という意味では仲間のようなもんでしょうな。
目の前で葉の蜜を舐めている毒針を持ったクロスズメバチ、この昆虫も仲間です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(3) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2014年10月20日
スジグロシロチョウ幼虫育つ

ベランダ菜園のキャベツから確保したスジグロシロチョウの幼虫2匹ですが、少しずつ大きくなってきました。


スジグロシロチョウ幼虫育つ

1cmと2cmです。キャベツの薄いところを好んで食べます。
先日試しに小カブの葉っぱをあげてみましたが、食べたには食べましたが好んで食べるといった様子は見られませんでした。キャベツから採取した幼虫ということで、今まで食べてきた味がいいようです。
前にアゲハの幼虫を飼育した時に、食樹を一才柚子から山椒に変えた時も同じような反応がありました。やむなく仕方なく食べている感じでしたw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2014年10月20日
アザミの綿毛到着

毎年秋になると、風の強い日に大きめの綿毛が飛んできます。風の吹きだまりや野原風花壇にも飛んできています。


アザミの綿毛到着

これはアザミの種です。この辺りにはアザミは生えていないので、遠くの山から飛んできたものと思われます。偏西風に乗った風船爆弾のごとく、とんでもない距離を飛びそうです。


アザミの綿毛到着

この綿毛の中央部には種がくっついています。すごく取れやすいので、発見した時にはすでに種を落下させた後のことが多い次第。


アザミの綿毛到着

ヒマワリの種を小さくしたような5mmぐらいの種。かなりの数が飛んできますが、そこらで生息しているのを見たことがありません。
住宅地の地面は大部分がアスファルトやコンクリートであり、運良く土に着地したとしても庭や畑だったりすることが多いと思います。アザミは葉っぱに硬いトゲを持っており、触ると痛いので苗のころに発見されて抜かれるのかもしれません。山に行くと結構生えているので、種の発芽率は特別低いようではないようです。
飛んできて困るのはマイマイガの1齢幼虫ですが、アザミに関してはさほど気にしなくてもいいようです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2014年10月19日
エンマコオロギの日常

写真では右側のオスが左側にメスに対して鳴いているように見えますが、実際は鳴いていません。
この姿勢のままでかなりの長時間こうしています。何らかの形でコミュニケーションをとっているようにも見えます。

現在飼育中のエンマコオロギは4匹に減り、みんな次第に元気が無くなってきました。
外では野生のコオロギの鳴き声が全く聞こえなくなり、もうすぐ秋も終わろうとしています。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(5) | エンマコオロギ〜2014年 | 更新情報をチェックする
2014年10月19日
小カブの収穫

5〜6cmに育った小カブですが、小カブはこのぐらいで収穫するようなので、"ス"が入らないうちに収穫しました。


小カブの収穫

抜くときは葉を持って上に抜くのが一般的ですが、葉っぱも食べるのでできるだけ傷めないように白い部分を挟みながら上に抜きました。


小カブの収穫

8個とも無事に収穫成功。エカキムシが発生していた葉っぱが5〜6枚あったので、その葉っぱは取り除いています。


小カブの収穫

大きさは5〜6cm。根こぶ病も発生しないで済みました。


小カブの収穫

一時は台風で傾いたカブでしたが、今日まで頑張ってくれました。


小カブの収穫

抜いた後のプランター。今回は8個植えましたが、もっとぎゅうぎゅう詰めに植えてもちゃんと収穫できるようです。ただ、葉っぱが茂りすぎるため、強風環境のベランダ菜園では適度な間隔を作った次第。

収穫したカブは、浅漬けにして食べました。"ス"も入っていなく、おいしいカブでした。
葉っぱのほうは味噌汁の具にしたのですが、これがけっこうおいしかったわけです。香り良し、味良し、風味良し。葉も柔らかく、カブ独特の香りも楽しめました。


小カブの収穫

プランターが余っていたので、少し前から始めた小カブ。置き場所はベランダではありませんが、まあカブはならないでしょう。


小カブの収穫

家族が管理している庭の畑は、ダイコンの収穫を残すのみ。
今日サツマイモを収穫していたようです。


小カブの収穫

だめだこりゃ(^Д^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | ベランダ菜園〜2014年 | 更新情報をチェックする
2014年10月18日
ベランダ菜園実況その2

台風対策であれやこれやのトウガラシ。ほとんど収獲しましたが、いくらかまだ実がついていたので撤去はしていません。


ベランダ菜園実況その2

まだ10本ぐらいは収穫できそうです。


ベランダ菜園実況その2

すでに収穫して天日干し中のトウガラシも、かなり乾燥してきました。


ベランダ菜園実況その2

カラカラですが、まだパリンパリンではありません。ミルサーで粉砕するので、パリンパリンになるまで乾燥させます。


ベランダ菜園実況その2

少し前にまた収穫して食べました。ミックスレタスは手軽でいい野菜です。


ベランダ菜園実況その2

夜の気温が4℃とか5℃とかになってきたので、四季成りイチゴも葉を固くしてきました。
さらに気温が下がるころには、緑色の葉も少なくなるでしょう。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2014年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る