2014年10月17日
セグロアシナガバチ登場

2cmを超える大きさだったので一瞬スズメバチかと思いましたが、アシナガバチでした。
カエデの葉の上で日光浴をしながら、葉の表面を舐めていました。


セグロアシナガバチ登場

隣の葉に移り、本格的な日光浴。


セグロアシナガバチ登場

複眼が頭部の上まで広がっています。アシナガバチは、チョウや蛾の幼虫を捕えて肉団子を作り、巣に戻って子育てをします。


セグロアシナガバチ登場

あごは、牙と言うよりは火バサミのような形状をしています。切ったり支えたり挟んだりするのに都合が良さそうです。肉団子も上手に作れるわけですな。


セグロアシナガバチ登場

雨のかからない軒下やベランダの柵の下あたりに灰色の小さなハチの巣を見ることがありますが、だいたいはアシナガバチの巣です。放置すると家族が増えて巣がどんどん大きくなるので、初期の段階での駆除が必要です。
このハチはめったに人を襲いませんが、危害を加えられたと判断すると襲ってきます。こっちに危害を加えるつもりが無くても、知らずに巣に衝撃を加えた形になっても当然襲ってきます。
そんなわけで、やむを得ずの駆除が必要になるわけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2014年10月17日
ベランダ菜園実況その1

右がミニ大根、左が小カブ。どちらも収穫が近い状態です。


ベランダ菜園実況その1

小カブもミニ大根も、直径が5cm〜6cmに育ちました。小カブは近日中に収穫したいと思います。


ベランダ菜園実況その1

九条太ネギは食べても食べても伸びてきます。


ベランダ菜園実況その1

1回に葉を1本食べていますが、これが切った跡です。ど真ん中の1本を残しながら、その周辺を切るのであります。


ベランダ菜園実況その1

サンガイネギは、すでに冬支度。上からどんどん葉を枯らしつつ、耐寒態勢を整えつつあります。


ベランダ菜園実況その1

ここにきて心配なのがハクサイ。結球したかなと思っていましたが、そこからの追い込みに勢いがありません。


ベランダ菜園実況その1

待っても待っても葉が詰まるばかり。玉ができてきません。
初めての栽培なので、こういうものなのかどうなのかがわからない次第。とりあえず、ここで追肥を実施しました。何となく肥料切れっぽい気がしたのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2014年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る