2014年11月14日
ミカドフキバッタ発見

羽根(翅)が極端に短い種類のバッタで、ミヤマフキバッタです。ここらではミカドフキバッタと言うらしいです。幼虫っぽく見えますが、これで成虫です。


ミカドフキバッタ発見

右後ろ脚を欠損していますな。飛べないバッタなので、やや不便でしょう。


ミカドフキバッタ発見

羽根(翅)を退化させる昆虫。移動という行動の重要性が低くなれば、その道具は退化します。移動は、食べ物を求めたり産卵場所を探したりする手段ですが、この昆虫にとってはそのどれもがすぐそばにあり、恵まれた生態であると言えるかもしれません。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(4) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。