2015年04月26日
虫を捕獲するツツジのつぼみ

おっ!ニホンカブラハバチがいるぞと思ってカメラを向けたら、すでに亡骸となっていました。
本当に死んでいるのかと指で触ってみると、指が緑色の部分にくっついてしまいました。
これはツツジのつぼみなのですが、表面に強烈な粘着力を持った液体が塗られている感じです。


虫を捕獲するツツジのつぼみ

そのすぐ横にもすでに動かなくなったニホンカブラハバチを発見。


虫を捕獲するツツジのつぼみ

これがツツジのつぼみなのですが、ゴキブリホイホイの粘着シートに触れてしまったときの粘着力に近いです。糸を引くわけでもなく、濡れているわけでもないのですが、一度触れると離すのに枝がしなります。

庭にかなり前からあるツツジですが、今回初めて知りました。調べてみるとモチツツジが当てはまりますが、生息分布をみるとこのあたりには生息しないもよう。さらに調べてみるとオオムラサキツツジも同じ特徴があるようです。
そういえば濃いピンクのツツジが咲いていたのを思い出し、これはオオムラサキツツジのつぼみの可能性が高いです。

花と虫は仲良しのように思いますが、よく考えるとそれは咲いている状態の花。咲く前は虫とは仲良くなれないようです。というのも、やわらかくて栄養のあるつぼみなので、それ自体を食べたり産卵したりする虫もいるかもしれません。そんな虫からつぼみを守るために、このような粘液を出しているような気もします。
べたべたしている部分はつぼみの"がく"なので、花が咲くころには下部に押しやられると同時に乾いてくるでしょう。そうなると、今度は虫と仲良くなることが可能になります。
植物というものは巧みに虫を操りますが、蜜は蜜でもつぼみの間は死の蜜なわけです。

■追伸
5月1日、この花が咲いたので追記。
P0000926-1.jpg


posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(2) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2015年04月26日
四季なりイチゴの葉を摘葉

四季なりイチゴの葉っぱが込み合っていたので、越冬して老化した葉っぱを中心に摘葉しました。
葉が込み合うと通気性が悪くなって病気になったり、アブラムシの大量発生の原因になったりすることがあります。
摘葉したら、葉の陰に隠れていたピンクの花で賑やかになりました。


四季なりイチゴの葉を摘葉

2cmぐらいの大きな花なので、まさに観賞レベル。四季なりイチゴの実の味はブランド品には勝てませんが、中の上くらいの味はします。その前の花がきれいなので育てている次第。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(0) | ベランダ菜園〜2015年 | 更新情報をチェックする
2015年04月26日
たくましくなったオニユリ

今年は2年目に突入するオニユリ。土の中の球根も順調に大きくなったようで、発芽した芽も丈夫そうです。


たくましくなったオニユリ

7株とも元気。最終的には庭に移植予定ですが、もう少しこのままで育てます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(0) | オニユリ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。