2015年05月27日
エンマコオロギの孵化態勢完了

今年は少ない産卵床からのスタート。いつものように砂を敷いて木炭を置き、エサ皿などを配置しました。
例年より気候が暖かいので、シートヒーターパネルは使わないで孵化を待ちたいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(3) | エンマコオロギ〜2015年 | 更新情報をチェックする
2015年05月27日
レッドグローブを食べるカタツムリ

赤ちゃんカタツムリにもそろそろ果物をあげようというわけで、レッドグローブをあげてみました。


レッドグローブを食べるカタツムリ

あげたばかりなのでまだじゃれていますが、24時間後には結構減っていたので食べたようです。
ちなみに他の親カタツムリたちにもおやつ代わりにあげました。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | カタツムリ〜2015年 | 更新情報をチェックする
2015年05月27日
ベランダ菜園実況

四季なりイチゴがとんでもないことになっています。


ベランダ菜園実況

実が急速に生長中。普通はここまで実がなると全部に栄養が行き渡らないのですが、今のところ行き渡っているようです。マイガーデンの効果と日当たりがいいからかもしれません。


ベランダ菜園実況

赤く色づく実も出てきました。完熟したものから収穫していく予定。


ベランダ菜園実況

観賞用の鉢植えのほうも実ができようとしています。


ベランダ菜園実況

はつか大根も勢いが出てきました。根もとの土寄せは完了済みです。


ベランダ菜園実況

そんなところにハモグリバエが襲来。数匹いました。完全無農薬栽培なので、毎年のお客さんになっています。


ベランダ菜園実況

双葉からやられます。葉肉はグミのような食感だと思うので、まあ確かにおいしい部分です。
収穫部分は根なので直接的な被害ではないですが、二次的に葉も食べたいのでその量が減るのが残念。今は双葉ですが本葉までやられます。


ベランダ菜園実況

手前の九条太ネギは、根元を縛っていたヒモを取り除きました。
当初は4本だった株も分けつして増えているので、ネギ本体を収穫して本数自体を減らし、4本ぐらいを植えなおすかもしれません。
奥のサンガイネギも分けつしてすごいことになっています。こっちも同じように植えなおすかも。
おそらく、土の中も根で込み合っているはずなので、どちらにしろ植え替えたほうがよさそうです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | ベランダ菜園〜2015年 | 更新情報をチェックする
2015年05月26日
ベランダ菜園実況

ミニトマト。根の生長が順調に進んでいるようで、土の上もぐんぐん大きくなっています。


ベランダ菜園実況

脇芽もぐんぐん出てくるので摘み取り。今年のミニトマトも2本仕立てにします。いわゆる逆Yの字。


ベランダ菜園実況

レタスは生長が早い野菜ですが、すでに土が見えなくなりそうです。水の吸い上げの量が増すとともに土の乾燥も早くなりました。


ベランダ菜園実況

ミックスレタスは本葉が伸び始めています。


ベランダ菜園実況

本葉が伸び始めるころから重さで倒れがちになるので、土寄せを実施。


ベランダ菜園実況

エダマメは葉っぱが少し大きくなりましたが、まだ本調子ではないようです。


トウガラシの定植

トウガラシは先日植えたばかりなので変化無し。


ベランダ菜園実況

昼は家で食べているので、これからは昼休みの水やりが続きます。夏ごろになったら朝の水やりも必要です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2015年 | 更新情報をチェックする
2015年05月25日
キクビアオハムシだと思う

あまり見ないハムシがいたので調べてみたら、キクビアオハムシかムナキルリハムシのようです。
かなり微妙ですが、キクビアオハムシではないかという結論にしました。


キクビアオハムシだと思う

まあ、どっちでもいいですw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2015年05月24日
カタツムリの赤ちゃん第2ステージ

アオモリマイマイの赤ちゃんの飼育環境を第2ステージに突入させました。
木炭を追加したこととカットルボーンを大きな新しいものに交換したことが変更点。
気温の上昇に伴って食べ残しの腐敗も早くなり、さらに成長とともにフンの量も増えました。そこで木炭の登場。物理的化学的な環境改善として使用しています。
カットルボーンもそろそろ積極的に食べだすころなので、新しいものと交換。


カタツムリの赤ちゃん第2ステージ

今まではふたの代わりにラップをかけ、ラップには針で数十か所の穴をあけていました。湿度の維持を最重要視していたためです。
孵化初期の乾燥に弱い時期も過ぎたと思われることと換気効率も考え、ケース付属のふたをしたあとにラップで覆いました。覆う範囲は写真で言うと正面と上と奥にかけてコの字に覆い、横は通気目的で開けています。
気温が上がると湿度も蒸れに変わる点が難しいところ。蒸れを無くするには湿度もある程度落とさなければなりません。ただし、同時に定期的な霧吹きは必要になります。

次のステップは砂利の投入ですが、殻が1cmを越えてからの話になります。今砂利を入れると砂利だかカタツムリだかわからなくなりますので。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | カタツムリ〜2015年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る